よく食べる肉、第1位は●肉と判明-All About調べ

写真拡大

総合情報サイト「All About」を運営するオールアバウトと、米国の畜産および食肉製品を国際的に広げるために設立された「米国食肉輸出連合会」は、主婦向けウェブサービス「暮らしのAll About」の女性ユーザー1,321名を対象に、普段食べる肉や、パーティーシーンでの肉料理に関する意識調査を共同で実施した。

調査期間は10月16日から10月26日。

「普段よく食べる肉」について聞いたところ、「豚肉」が56.6%で1位だった。

また、豚肉をよく食べると回答した人にその理由について聞いたところ、「調理しやすいから(26.6%)」、「価格が手頃だから(25.9%)」といった項目が多くあげられている。

「普段よく作る豚肉料理」では、「しょうが焼き」が59.6%と、他の料理に比べて多い結果となった。

さらに、年末年始のパーティーシーズンが近づいている中で、「パーティーで作りたい豚肉料理」についてもきいたところ、「角煮(34.4%)」、「ローストポーク(24.0%)」、「焼き豚(15.9%)」など、かたまり肉を使う料理が上位にあげられている。

一方で、「”おもてなし”の際に肉料理を作る時の悩み」についてたずねたところ、「レパートリーが少ない(24.1%)」、「調理に時間がかかる(21.1%)」といった項目が上位に入った。

なお、同ランキングは、「All About」内の、「暮らしの得ネタランキング」コーナーでも見ることができる。