島根県で使われる出雲弁は日本語のルーツ!?

写真拡大

島根県西部に位置する神話の国・出雲。

古代から信仰を集めてきたこの地域には、数多くの神話とともに現代まで伝えられてきた「出雲弁」がある。

東北地方のズーズー弁にも似たその独特の言い回しには、日本語のルーツともいうべき秘密があった。

通称「出雲弁」と呼ばれる言葉は、島根県東部から鳥取県西部にかけて話されている。

例えば、イ段とウ段の発音の区別がしにくく中舌母音になったり、エの発音がイに近くなったりする特徴がある(なお、“出雲”は旧出雲国全般を指すとする)。

出雲弁はイントネーションも独特だが、表現も一風変わっている。

例えば、「靴をはく」は「靴をはげる」と表現するし、「戸を閉める」ことは「戸をたてる」という。

こうした独自の言い回しは今でも残っていて、日常会話でもよく使われているのだ。

出雲弁に関して研究を続けてきた元島根県立女子短期大学学長の藤岡大拙さんは、「出雲弁で使われる言葉は『古事記』や『日本書紀』などに使われている古代日本語とほぼ同じです。

出雲は独自の世界を守ってきたので、昔の日本語がそのまま継承されてきたのだと考えています」と説明する。

出雲国はかつて、大和朝廷に破れたことで支配を受けることになったが、それでも自分たちの歴史や伝統を守ろうとしたことから、独自の話し言葉も大切にしてきたと推測されている。

「一種の鎖国状態にして、身内を大切にしたのでしょう。

そのため出雲弁には争ったりする言葉はありません」(藤岡さん)。

松本清張の小説『砂の器』は、映画やTVドラマにもなったので内容を知っている人も多いかもしれない。

ジャンルは推理小説で、東北訛(なま)りと「カメダ」という言葉が事件の手がかりとなる。

だが、実はそれは東北訛りではなく、似た発音をする島根県「亀嵩(かめだけ)」だったということで、出雲弁は広く知られることになった。

しかし、藤岡さんの説が正しければ、実は出雲地方の言葉こそが、太古に日本語として使われていた“標準語”であり、それが東北地方にまで伝わっていったと考えられるのだ。

「まず出雲弁があって、それが時間をかけて東北にも伝わり、残ったということです」。

『古事記』や『日本書紀』の舞台となった出雲国。

朝鮮半島にあった新羅(しらぎ/しんら)の余った土地を、出雲の創造神・八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)が引いてきて、現在のような地形になったという「国引き神話」なども残されている。

まさに“神秘の国”である。

出雲弁も、そうしたいにしえの時代からもたらされた文化なのだろう。

「少し前までは、他と違う言葉なので地元の人も恥ずかしがっていたのですが、今では誇りに思う人も増えています」と藤岡さん。

この冬は初詣も兼ねて、出雲大社まで足を延ばし、古代の風を感じてみてはいかが!?●information 出雲市産業観光部観光交流推進課