竹下玲奈が、11月28日に集英社より発売された雑誌「MORE(モア)」1月号をもって同誌のレギュラーモデルから離れる。誌面では、22歳の初登場時から「MORE」の顔となった現在に至るまで8年間の軌跡を掲載。竹下玲奈は6月の結婚に続いて9月には妊娠していることを公表した。

竹下玲奈が「MORE」を卒業の画像を拡大

 竹下玲奈は「MORE」のミューズとして8年間に渡り活躍し、自身のスタイルを表現した "玲奈カジ"という言葉が誕生。特集ページで竹下玲奈は「これからもモデルとして頑張っていきたい」と、産休後もモデルの職を続けていくとコメントしている。

 竹下玲奈の卒業が発表された「MORE」1月号では、専属モデルの篠田麻里子が表紙デビュー。「MORE」35年の歴史上で専属モデルがカバーを務めることは初めてで、8ページに渡るロングインタビューが掲載されている。