PS3ソフト「ディスガイア D2」声優インタビューレポート −水橋かおりさん、半場友恵さん、笹本優子さん−

日本一ソフトウェアから、プレイステーション3用のソフト『ディスガイア D2』(ディスガイア ディメンション2)が2013年3月20日(水)に発売予定であることが発表された。そのプロモーションの一環として、声優インタビューが10月24日に行われた。

【関連:「白虎隊 志士異聞記」で酒井峰冶役の寺島拓篤さんインタビュー】
 
インタビューには、ディスガイア御三家である、ラハール役の水橋かおりさん、エトナ役の半場友恵さん、フロン役の笹本優子さんが参加された。
ラハール役の水橋かおりさんは、現在、映画が上映中の『魔法少女まどかマギカ』の巴マミなどの声を担当している。

フロン役の笹本優子さん、ラハール役の水橋かおりさん、エトナ役の半場友恵さん

『魔界戦記ディスガイア』とは、史上最凶シミュレーションRPGで、現在4まで発売されている人気シリーズだ。
 
ちなみに『ディスガイア D2』は、『魔界戦記ディスガイア』シリーズが制作されてから10周年にあたる。

今作では、ラハールが主人公で、シリーズ1作目の『魔界戦記ディスガイア』のその後が描かれるとのこと。
ストーリーは、ラハール、エトナ、フロンの3人が中心になる。

D2の「D」には、ディメンション(壁)・ディスティニー(運命)・ドラマチックの意味があるそうだ。

声優インタビューでは、久しぶりのオファーの感想や、収録のエピソードや、今作の演じられたキャラクターの魅力など、様々な質問が飛び交った。

ラハール役・水橋さん

【写真:ラハール役・水橋さん】

ディスガイアのこれまでのシリーズ累計のユーザープレイ時間をアンケートなどで集計してみたいと語る水橋さん。
ディスガイアシリーズは勿論プレイしているという水橋さんは、今作について「やりこみたい方はもちろんですが、今回のシステムはライトなユーザーもプレイできます。」とゲームシステムについてもプレイヤー目線で説明。

エトナ役・半場さん

【写真:エトナ役・半場さん】

今作について「ラハールとエトナとフロンの活躍を待っていてくれた、ユーザーの方々には必ず喜んでもらえると思います。」と語る半場さん。

フロン役・笹本さん(左)

【写真:フロン役・笹本さん(左)】

10年前に『魔界戦記ディスガイア』のオーディションがあり、そのとき原稿を読んで「こんなに面白そうなゲームならぜひやりたい」と思っていたと当時を振り返る笹本さん。
今作については、『ファントム・キングダム』等ほかのタイトルもあったので「久しぶりという感じではないです。」と語る。また、発売時期が2013年3月なため「受験生はまずは勉強をがんばってくださいね。」と勉強を優先するようファンに向けてメッセージ。

時には、取材に駆けつけた記者の中からも笑いが漏れ、和やかな雰囲気のまま、インタビューは終了した。

フロン役の笹本優子さん、ラハール役の水橋かおりさん、エトナ役の半場友恵さん

(取材:川上竜之介)