三井不動産、クアラルンプール初の本格的アウトレットモール開発を決定

写真拡大

不動産大手の三井不動産は、マレーシアの首都クアラルンプール初のアウトレットモール「(仮称)三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港(KLIA)」の開発に着手することを決定した。

着工は2013年夏、開業は2014年冬を予定している。

同プロジェクトは、クアラルンプール国際空港敷地内のアウトレットモール計画。

東南アジアにおける同社初のアウトレットモールとなる。

空港と市街地を結ぶ幹線道路に面し、クアラルンプール都市圏居住者はもとより、クアラルンプール国際空港の利用者(年間約3,800万人)にとっても利便性の高い立地だ。

空港を含む周辺地域では、オフィス・商業・コンベンションセンター・物流施設・テーマパーク・ゴルフコースなどが集積する「KLIAエアロポリス計画」があり、順次開発が推進される。

なお、クアラルンプール国際空港では、第2空港の開業が2013年5月に予定されており、このアウトレットモールが開業する2014年冬ごろには年間合計4,500万人の利用が予想されている。

約18万平方メートルの敷地を生かしたアウトレットモールは、店舗数約240店を計画。

テナントは、欧米、アジア、日本のブランドを想定し、ラグジュアリーブランド、カジュアルブランド、セレクトショップなどを中心に幅広い業態で構成する。

さらに、飲食店の誘致や日系企業のアウトバウンドニーズの取り込み、エンターテインメント要素の導入なども検討している。

詳細は三井不動産ニュースリリースページで確認できる。