ゴールドウイン、アイスバーンと雪道に対応する防寒軽量シューズを発売

写真拡大

スポーツウェア、スポーツ用品の製造販売を行うゴールドウインが扱うブランド「エレッセ」は、ガラス繊維を配合し、アイスバーンと雪道に対応する靴底「アイスソール」を搭載したウインターブーツを、全国のエレッセシューズ取扱店で12月上旬より販売を開始する。

同商品には、特殊ゴムにガラス繊維を配合した靴底「アイスソール」が搭載され、ガラス繊維の突起で氷や雪に対するグリップ性をアップしている。

また、インソール(中敷き)には暖かさをキープする「光電子」の素材が使用されており、抗菌機能を持つ「MAXIFRESH(マキシフレッシュ)」も使われているため消臭能力も高い。

カラーはブラック、ガンメタリック、カーキの3色。

サイズは22.5〜24.5cm。

価格は9,975円。