「検索してはいけない言葉」をまたまた検索してみた

過去2回紹介したことがある「検索してはいけない言葉」。

「検索してはいけない言葉」なのに何故大々的に紹介しなければならないのか?いつもこの記事を書きながら疑問に思うわけですが、過去記事が今だ好評で……。

という単純な理由で今回も最新ワードをご紹介いたします。過去記事をお読みになりたい方は記事最下部にて紹介しておりますのでそちらからご覧ください。

【関連:函館で撮影された宇宙人の動画が再生158万回突破】
 
なお、「検索してはいけない言葉」を初めてご覧になるかたのために、そのいきさつとルールを軽く紹介しておきます。
ご存じの方はこのあたり飛ばしてお読みください。

「検索してはいけない言葉」とは、インターネットの住人の間で数年前から流行している、文字通り「検索してはいけない言葉」をインターネット検索エンジンを使って検索し、その結果を見る遊びです。

検索して出てくるのはグロテスク、猟奇、オカルト、びっくり、精神的ブラクラなど、笑えるものから恐ろしいものまで様々。
場合によっては本物の死体が登場することもあり、かなりの強精神が必要とされます。

本稿ではお読みになる方が多数にのぼることから比較的ライトなものを選択してご紹介しています。ただし見る側によっては重度の拒否反応を含むものもありますので、閲覧の際には個々の自己判断、自己責任でお願い致します。

なお、ハードなものをご覧になりたいかたは、それこそ「検索してはいけない言葉」と検索エンジンで検索してみてください。それらワードをまとめたサイトが多数検索結果に出てきます。

ちなみに、この遊び。1つだけ共通ルールが存在します。
「検索エンジンはGoogleを使うこと」
このルールの影響で、「検索してはいけない言葉」は「Googleで検索してはいけない言葉」と呼ばれていることもあります。内容は一緒ですが、念の為ご紹介。

というわけで、今回もいくつかご紹介してまいります。
記事を参考に検索されるかたは、心して挑戦してください!なお、基本的に下になるに連れ、ちょっとずつハードになります。その点ご注意ください。
 

−−小皺
検索してみましたがよくわかりませんでした。
とりあえず一番上にあるものを選択。
「おわ!!!」となりました。一瞬ですが。別に検索してはいけないという訳ではない感じです。

−−タイの地獄公園
検索結果で適当なページを選択。写真をみて「え!」と驚きました。でも良く見ると……。熱海にもこういうのあったよなぁ確か……。

−−ラスボス
検索しても意味がわかりませんでした。画像検索結果を見ると……。
あの方達が……。そうか。あの方は現実世界のラスボスだったのか。

−−NS末路
検索上位にエイズ関連のサイトが出てきます。纏めサイトのようです。
風俗嬢として働いていた女性のブログをまとめたもので、エイズが発症したあたりが写真とともに紹介されています。
ちなみに本家ブログは2006年8月1日の更新で止まったままです。

−−目を貫かれる ※痛い系/グロ注意
見た瞬間「痛い!!!」ってなります。目を矢で射抜かれた少年の写真が出てきます。

−−米倉涼子 生放送
「検索してはいけない言葉」ではなく「検索しないであげたい言葉」だと思います。
でも思わず見ちゃいました。

−−エベレスト
世界最高峰の山「エベレスト」。知られている限りで今まで200名もの人がそこで命を落としたそうです。そしてその亡骸達は、死後も凍結放置されたまま。今では遺体が登山の際の目印として(ルートの確認など)それぞれに名前が付けられていたりするそうです。
検索結果ではその今や「目印」となってしまった亡骸達が紹介されたサイトがいくつか見つかります。

−−旅する老人女性 ※虫/グロ系注意
検索ワードは優雅な感じですが、検索結果第1位のページを開くとドキ!っとします。虫属性苦手な方は閲覧注意です。

−−九相図
九相(くそう)図とは、生前から死後、そして屍が朽ち果て、骨となるまでを描いた日本画のジャンル。
検索結果ではその九相図が大量に出てきます。見る人によっては恐ろしく、見る人によっては芸術ともとれる内容。

−−掛け軸 生放送
朝の生放送番組の番組で生首を描いた掛け軸を紹介した動画です。
当時リアルタイムで見ていましたが本当に動いてました。今見ても怖いですね。

−−京橋駅にて
検索すると検索ワードと同じタイトルのページがありません。とりあえず検索1位の動画を選択。
……うわぁ。ってなりました。G苦手な方は閲覧注意です。

−−カーチャンの証明写真
ホラーか何かかと思ったら……。確かに不気味ではありますが、検索結果で紹介されていた出処を見ていたら結構微笑ましくなりました。

−−江藤新平の首
幕末から明治に活躍した佐賀藩士。維新の十傑の1人とされています。
検索すると検索上位に「獄門(さらし首)の刑」に処せられた江藤の首が表示されます。

−−三島由紀夫のフライデー ※一部グロテスクな写真も含まれます。
検索ワードだけ見るととても明るい雰囲気を醸し出していますが、こちら検索すると三島由紀夫が割腹自殺を遂げた直後の写真が掲載された週刊誌のページが出てきます。ちなみにこの号は、当時出版差し止めとなっているもの。
 

今回本稿を執筆するにあたり、100近いサイトを閲覧しました。
中には目を覆いたくなるような凄惨な写真や動画も……。いたずら心では見てはいけないものもあり、紹介するか迷ってしまい、そうしたものは今回あえて外してあります。

ただ、世界中どこかで起こる事件や事故、そして戦争の様子をそのままストレートに見る機会はこれまで私の人生あまりなく、そういうものに触れる機会としては色々と考えさせられるサイトもいくつか存在しました。

日本の報道では、過激な映像・写真に対しては「視聴者への配慮」ということが最重要視され、基本ストレートに報道されることはありません。
それがこうした「検索してはいけない言葉」という遊びとなって、「見てはいけないもの」として流行している。
『「見てはいけない」と言われてしまうとついつい見てしまう』。
皮肉にもそうした動機が、こうした世界の真実に触れることになるとは……、シリーズ第3回目にして、この流行が未だ根強く支持される意味がようやく分かりかけてきた気がします。