福岡県福岡市で、JR九州が「水戸岡鋭治の幸福(しあわせ)な鉄道展」を開催

写真拡大

九州旅客鉄道とJR博多シティ、ドーンデザイン研究所は12月2日より、「水戸岡鋭治の幸福(しあわせ)な鉄道展」を開催する。

同展は、JR九州の車両を始めとする公共交通デザインなどを25年間続けてきた水戸岡鋭治氏の活動を、アイディアスケッチ、ポスター、椅子やテーブル、車両模型などから360度俯瞰(ふかん)するパノラミック展示会。

つばめ電車の運行や子ども向け遊戯施設の「木のプール」、JR九州のマスコット「くろちゃん」のコーナーなどを通じて、子どもたちにこれからの公共デザインに興味を持たせる企画が用意されている。

会場はJR博多シティ9FのJR九州ホール(福岡県福岡市博多区博多駅中央街1番1号・博多駅直結)。

開催日時は12月2日〜2013年1月14日。

平日11時〜19時、 土日祝・年末年始(12月29日~1月3日)10時〜19時(入場は18時30分まで)。

初日となる12月2日は正午開館で、正午から開会式典を予定している。

入場料金は、一般:前売り800円(当日1,000円)、中高生:前売り600円(当日800円)、小学生:前売り100円(当日200円)。

未就学児は保護者同伴で無料となる。

発売場所は、JR九州の主な駅、JR九州旅行支店、駅旅行センター、チケットぴあ他。

その他、詳細は同展公式Webページまで。