農業しながら合コン!? ウワサの農業婚活に潜入!

写真拡大

農場で、作物の収穫や種まきを体験しながら婚活をする「農業合コン」。

自然の中で土に触れながら婚活を楽しめるという。

今回は、農業婚活「つくしんぼ畑」のイベントに参加した。

「つくしんぼ」は千葉県にあるレンタルファーム。

普段農業をすることが難しい人に、気軽に農作業を楽しんでもらうことを目的に運営されている貸し農場だ。

ここで、「若い世代に、農業に親しんでもらいながら婚活をしてほしい」と婚活のイベントが開催されている。

「つくしんぼ」のホームページから参加を申し込み、天気を心配しながら、当日を迎えた。

当日は、次のようなスケジュールでイベントが行われた。

■12時45分つくしんぼ農園に現地集合。

身分証確認やプロフィール名札の記入をして受付を済ませる。

■13時00分農作業体験。

2人1組になり種まき、野菜の収穫等の畑作業を行う。

■15時00分2人1組になってピザ焼き体験。

■16時00分トークタイム。

農作業、ピザ焼きでペアを組まなかった人と、2人1組でトーク。

最後にアプローチカードを記入し、回収。

■17時00分イベント終了。

現地解散。

この日の天気は曇り。

参加者は9(男性)対10(女性)の合計19名。

年齢層は20歳から40歳ぐらい。

この日は30代半ばの参加者が多かった。

婚活イベントは、簡単な自己紹介からスタートした。

ほとんどの人が一人で参加しており、埼玉、神奈川などの遠方からやってきた人も多い。

番号の書かれた名札をつけて、早速最初のペアを組む。

指導員の方の説明を受けて、鍬(くわ)を持ち、畝(うね)(土を盛り上げた状態のこと)を作ることがから始める。

慣れない鍬(くわ)を扱うのに苦戦しながら、無事に畝(うね)を作り、作物の種をまく。

作業中、ペアの男性がアシストしてくれるのでありがたい。

次に、作物の収穫体験が行われる。

ペアを変えて、イモ、ニンジン、ネギを掘り起こす。

作物はかなり大量で、総勢19名がいくら引っこ抜いてもまだまだ残っているので驚いた。

野菜はすべて無農薬栽培で育てられたもので、収穫した分は、自宅に持ち帰ることができる。

その後、ペアを変えてナスや小松菜なども収穫する。

作物の収穫という共同作業を行うため、より気軽にペアとの会話を楽しむことができた。

農作業で一汗かいたあとは、石釜でピアを作る。

生地を伸ばし、トマトソースとバジル、チーズを載せて、メラメラと炎のゆれる石釜の中へ。

焼き目をじっくりと観察しながら、3分ほどで釜から出して完成。

冷めないうちに、ペアの2人でテーブルにつき、できたてのピザを楽しむ。

残りの時間は、農作業やピザ作りでペアにならなかった人とのトークタイム。

必ず全員が一対一で話ができるように配慮されている。

農作業の後なので、「野菜、たくさん採れましたか?」などと、話のきっかけがつかみやすい。

最後は、全員にアプローチカードが配られ、気になる人の番号と自分の連絡先を書き込む。

参加者のプライバシーが守られているので、自分の連絡先は他の人に知られない。

裏をかえせば、自分にアプローチが来なければ、相手の連絡先がわからないということ。

カードを書き込む姿は皆真剣そのものだった。

ここですべてのプログラムが終了。

封筒を手渡され、自分あてのアプローチがあれば、カードが同封されているとのこと。

収穫した大量の野菜を手に帰路につく。

出会いもありつつ、都会ではなかなか体験できない農作業も経験し、焼きたてのピザを食べることができて大満足だ。

主催者の高橋さんによると、わかっているだけで、今まで「つくしんぼ畑」から1組が結婚、1組が婚約とのこと。

問い合わせなどはホームページから。



続きを読む