料理を覚えて婚活もできる!? ウワサの料理教室合コンに潜入!

写真拡大

「料理をしながらだと会話も弾む」「性格がよくわかる」と話題を呼んだ「料理教室合コン」。

今では毎日のように各地で開催されており、さまざまな趣向をこらした教室が増えている。

急増中の料理教室合コンで、どんなことが行われているのか?都内の教室に潜入してみた。

今回の料理教室は、次のようなスケジュールで運行された。

■19時30分現地集合。

身分証を提示し、受付を済ませる。

■19時40分先生より料理の簡単な説明を受け、じゃんけんでペアを決める。

■19時45分料理を作るペア、デザートを作るペアに分かれ、料理開始。

■20時30分テーブルセッティングをして会食開始■21時ごろ解散参加したのは「R's kitchen」が企画する料理教室。

「料理教室合コン」という名称が広く世に知られるきっかけとなった運営会社だ。

料理教室合コンは各地の料理教室と提携し、さまざまな会場で行われる。

イタリアンにフレンチ、インド料理に韓国料理などのクラスが、週3〜4回ほどのペースで開催されている。

おじゃましたのは、東京・八丁堀で行われるイタリアンのクラス。

ネット上で申し込みをすると、参加者のもとに会場を知らせるメールが届く。

エプロン等は用意されており、手ぶらで参加することができる。

当日会場となったのは、マンションの一室にあるサロン。

呼び鈴を鳴らすと、本日の料理講師であるコロンナ由美先生が笑顔で迎えてくれた。

身分証を提示し、参加者がそろうまでサロンでくつろぐ。

通常は3対3または4対4で開催されるが、この日は人数が少なく2対2の計4人だった。

参加者の年齢は20代半ば〜30代半ばまで。

平日の夜であるため、全員会社帰りの参加だ。

メンバーがそろったところでペアを決め、調理をスタート。

この日のメニューは「シーフードのキャベツ包み」、「ミートボール入りトマトソースのペンネ」、そして「ワインケーキ」。

まずはワインケーキから作り始める。

「はじめまして」のあいさつを済ませ、テキパキと準備にとりかかる。

「粉、100gですよね?」、「ココアありますか?」と自然と会話が生まれ、話が弾む。

レシピを見ながら卵白をあわ立てて、ペアの男性にボウルをパスする。

「卵白は切るように混ぜるとふんわり仕上がります」と、先生からアドバイスが。

男性は腕を持ち替え、材料を丁寧にさっくりと混ぜていく。

料理の一手間一手間に性格が表れて興味深い。

ワインケーキを作っている間、別のペアが「シーフードのキャベツ包み」を調理する。

エビやイカをオリーブオイルで炒めてラップで包み、さっと湯にくぐらせたキャベツで巻いていく。

その後、トマトソースのパスタの調理にもとりかかる。

調理中、先生の「料理はアモーレ(愛)が大事よ!」という明るい声でパッと場が盛り上がる。

先生の陽気な人柄も良いスパイスだ。

あっという間に全ての料理が出来上がった。

完成後は皿に盛り付け、キャンドルをともしてテーブルセッティングをする。

ここまでで小一時間ほど時間が経過。

短時間ながら、料理を通じてペアを組んだ相手の性格をつかむことができる。

席について、まずはワインで乾杯を。

仕事や出身地に共通点のない4人だが、料理をネタに会話が弾む。

全員で作った3品は、なかなかの見栄えだがレシピはとっても簡単。

作り方を書いた紙も配布されるので、家でもう一度調理することができそうだ。

残念ながら、この日は4人ともお付き合いに発展する様子はなかったものの、おもてなしに使えそうな料理も覚え、メンバーは大満足だった。

少人数で開催されるため、ぴったりのお相手が見つかるまで、気長に料理を楽しむ気分で参加するのがよいのかもしれない。

「R's kitchen」では、クリスマス前には特別メニューの教室やパーティーなども開催される予定。

まずは年末のイベントを楽しんでみてはいかがだろうか。

なお、参加費は会場、内容によって異なるので「R's kitchen」のホームページで要確認のこと。



続きを読む