ふくや、8〜9年ものの原料を使った”特大サイズ”明太子の販売スタート

写真拡大

明太子(めんたいこ)の製造・販売を行うふくやは、8〜9年ものの特大の原料を使用し、味付けにもこだわった「特大切れ子明太子」の販売をインターネット限定で開始した。

通常の明太子で使用する原料は4〜6年もののスケトウダラの卵だが、同商品は8〜9年もの間、自然の恵みをたっぷり受けて育ったスケトウダラにこだわって仕上げた。

腹の太さも長さも、通常品とは全く異なる「特大サイズ」となっている。

また、同商品は「切れ子」という名称になっているが、これは製造過程で切れたものや、くずれたものを指す「訳あり品」ではないという。

腹の太い卵をそのまま漬け込んでも中まで味が入らないため、一粒一粒までしっかりと味が入るように、あえて切れ子にして製造をしている。

調味液は無着色・辛口で仕上げた。

同商品は販売を開始してから、すでに累計販売数が3万個を突破(2012年11月現在)。

「明太子の太さと量の多さにびっくり」「期待以上の大きさ」などと好評で、何度もリピート購入する人も多いとのこと。

販売はネット限定で、同社オンラインサイトで受け付けている。

販売は売り切れしだい終了となる。

価格は1kg5,985円。

送料無料。