サンタを長く信じていた人ほど、クリスマスは「リア充」 - アフラック調査

写真拡大

アフラックは11月1日〜4日にかけて、全国の12〜59歳の男女1,116名に対し、「クリスマスに関する意識調査」を実施した。

最初に「いつ頃までサンタクロースを信じていましたか?」と尋ねたところ、「小学校低学年(27.8%)」が1位。

続いて「小学校中学年(22.9%)」、「小学校入学前まで(15.1%)」「小学校高学年まで(10.1%)」。

合わせると75.9%が、小学生までサンタクロースを信じていることが明らかとなった。

次に、小学生までサンタクロースを信じていた人847人を対象に、「クリスマスとはどういう日ですか?」と質問したところ、「恋人・夫婦で過ごす日」「友達と過ごす日」「ウキウキする日」ととらえていることが分かった。

さらに、信じていた年数が長いほど、「恋人・夫婦で過ごす日」「友達と過ごす日」「ウキウキする日」ととらえる割合が増えることも分かった。

自宅にクリスマスツリーを飾ったり、自分にクリスマスプレゼントを購入したりなど、クリスマスを<リア充>に楽しみたい意向も強いようだ。

サンタクロースを信じなくなったきっかけについて聞くと、45.8%が「自然と信じなくなった」、21.4%が「友人・知人から聞いた」と回答。

しかし10.9%が「親から言われた」、11.0%の人は「親がサンタクロースのふりをしているのを見た」と、親がきっかけで信じなくなっていることが分かった。

アフラック公式Facebookページでは、11月26日から「あなたのクリスマス当日を大予想! クリスマスキャンペーン」アプリ診断をスタートする。

クリスマス当日に誰とどんな過ごし方をするのか予想するという。

1日1回参加できる抽選会では「限定クリスマスダック」を2,000名に、豪華家電品を5名にプレゼントする。