「EF24-105ミリ F4L IS USM」装着時

写真拡大

キヤノンは2012年12月上旬、EOSシリーズで初となる無線LAN機能やGPS機能を内蔵したデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」を発売する。価格はオープンだが、ボディーのみの直販価格は19万8000円。

35ミリフルサイズCMOSセンサー搭載

Wi-Fi対応のスマートフォンを使えば、静止画の撮影や、カメラ内のメモリーカードに記録された静止画(JPEG画像)のスマートフォンへの取り込みが遠隔操作で行えるほか、撮影地点の位置情報や移動経路を記録するGPS機能も備えている。

新開発の35ミリフルサイズCMOSセンサー(約2020万画素)を搭載。フルサイズならではのボケ味に加え、映像エンジン「DIGIC 5+」との組み合わせにより、広いダイナミックレンジや美しい色再現、豊かな階調性を実現している。また、常用ISO感度を最高ISO25600まで拡大したことで、暗所でもノイズを抑えた撮影が可能だ。

シャッターユニットやミラー駆動モーター、CMOSセンサーパッケージの小型化などにより、APS-Cサイズのセンサー搭載機「EOS 60D」(2010年9月発売)とほぼ同等の質量と大きさを実現している。