イタリア最大メンズ見本市ピッティが日本ブランドに注目

写真拡大

 伊フィレンツェで開催されるメンズプレタポルテの見本市「Pitti Immagine Uomo(ピッティ・イマージネ・ウオモ)」の開催内容を発表する会見が、都内のイタリア大使館で11月26日に開催された。「Pitti Immagine Uomo」コミュニケーション&イベント・ディレクターのLapo Cianchi(ラポ・チャンキ)氏をはじめ、スペシャルイベントとしてショーの開催が決定している「White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)」デザイナーの相澤陽介氏らが出席。「KENZO(ケンゾー)」や「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」など日本に関わりのあるブランドの特別参加が予定されていることから、Lapo Cianchi氏は「日本が主役を飾るのでは」と語った。

イタリア最大メンズ見本市ピッティが日本ブランドに注目の画像を拡大

 第83回「Pitti Immagine Uomo」の開催期間は2013年1月8日から11日。インターナショナルなプラットフォームを目指している「Pitti Immagine Uomo」では、約1020ブランドの出展数のうち4割弱はイタリア以外のブランドの参加が予定され、前回は約3万人のプレスやバイヤーが世界各国から来場したという。日本からのバイヤーも多く訪れており、Lapo Cianchi氏は「これまでも日本市場を重要視してきたが、日本のバイヤーの動向は1つの指標だと思っている」と注目する。今回は、デザイナー高田賢三が立ち上げて現在ではHumberto Leon(ウンベルト・リオン)とCarol Lim(キャロル・リム )がクリエイティブディレクターを務める「KENZO」、そして黒木理也(くろき まさや)とGildas Loaec(ジルダ・ロアエック)による「MAISON KITSUNÉ」といった、日本に関わりの深いブランドがゲストデザイナーとして選ばれていることが特徴だ。その理由としてLapo Cianchi氏は、「実験的なイノベーションとして、日本をはじめインターナショナルなブランドや若手デザイナーに注目している」と説明した。

 「White Mountaineering」は、ピッティ・ディスカバリー財団プロジェクトとして「Pitti Immagine Uomo」に初参加。新たにミラノのショールームTomorrowと契約して準備を進めていたところ、プロジェクトから声が掛かったという。1月10日にランウェイショー形式で2013-14年秋冬コレクションを発表し、欧州展開の足がかりにする。Lapo Cianchi氏は「White Mountaineering」について「新しいスポーツマインドを持ったウェア。特にファブリックに対する研究や技術に優れている」と評価し、また相澤氏は「海外のショーは目標のひとつだったので、とても光栄な機会。服だけではなく演出や音楽を含めて来る人に楽しんでもらいたい」と応えた。なお、「White Mountaineering」は9月に開催された2013春夏コレクションをもって、東京のショーを休止する。