ホンダ、「CBR600RR」と「CBR1000RR」のロードレース専用車を限定発売

写真拡大

本田技研工業はこのほど、ロードレース専用に開発した「CBR600RR レースベース車」の2013年型モデルと「CBR1000RR レースベース車」を、受注期間限定で2013年2月8日に発売すると発表した。

受注受付は開始されており、期間は2013年3月7日まで。

なお、両車種はサーキット走行専用車であり、ナンバープレートの取得は行えない。

今回発表された両車種は、全日本ロードレース選手権や地方選手権といった幅広いニーズに対応したロードレース専用車。

CBR600RR レースベース車は、モデルチェンジした2013年型CBR600RRの欧州仕様車をベースに、レースに不要な灯火器類などを取り外し、ECU(エレクトロニック・コントロール・ユニット)、メーター、前・後タイヤなどをレース専用品に変更している。

また、ビッグ・ピストン・フロントフォークなどの採用により、レースでのポテンシャルを高めたとのこと。

価格は96万8,100円。

CBR1000RR レースベース車は、2012年2月に発売した現行モデルの継続販売となる。

価格は115万5,000円。