『ヱヴァ:Q』9日で動員数200万人突破、10日間で興行収入30億円突破が確実に

写真拡大

11月17日より全国224スクリーンで公開され、オープニングで驚異的な興行収入を叩き出しているアニメーション映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が、公開からわずか9日間で動員数200万人を突破し、10日間で興行収入30億円の突破が確実となった。

11月17日(土)〜25日(日)、9日間で観客動員は2,032,147人となり、興行収入は28億5,800万円(2,858,126,200円)を記録。

これで公開10日間で興行収入30億円の突破が確実となり、映画『BRAVE HEARTS』(450スクリーン)公開から10日間の動員数200万人、興行収入25億円を上回り本年度ナンバーワンの記録となる。

なお、前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』と同時期と比較すると、観客動員数205.9%、興行収入210.1%のペースで推移している。

また、ティ・ジョイ系列の劇場では、本作の主題歌である宇多田ヒカル「桜流し」が流れる「劇場版追告」の上映もスタート。

こちらの予告は本日26日より『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の公式サイトにて公開されている。