ホンダ、ミニバン「フリード」シリーズを一部改良して発売

写真拡大

本田技研工業はこのほど、ミニバン「フリード」と「フリード スパイク」、ならびにハイブリッドモデル「フリード ハイブリッド」と「フリード スパイク ハイブリッド」の装備の充実を図りながら手頃な価格設定を行って発売した。

今回の一部改良では、フリードとフリード スパイクの「G・ジャストセレクション」に、ディスチャージヘッドライト<HID>(ハイ / ロービーム、オートレベリング / オートライトコントロール機構付)を標準装備したほか、G・ジャストセレクションおよび「Gエアロ」にセキュリティアラームを標準装備。

価格は、フリードが169万8,000円から233万500円、フリード スパイクが169万8,000円から229万9,000円。

フリード ハイブリッドとフリード スパイク ハイブリッドには、全タイプにディスチャージヘッドライト<HID>(ハイ / ロービーム、オートレベリング / オートライトコントロール機構付)とセキュリティアラームを標準装備。

「ハイブリッド・ジャストセレクション」には、リア右側パワースライドドア(フリード ハイブリッドのみ)、Hondaスマートキーシステムとイモビライザーを標準装備している。

価格は、フリード ハイブリッドが214万9,000円から232万6,500円、フリード スパイク ハイブリッドが214万9,000円から229万5,000円。