フレッドペリー×ラフシモンズ復活 ポロシャツに付け襟

写真拡大

 「FRED PERRY(フレッドペリー)」とデザイナーRaf Simons(ラフ・シモンズ)による「RAF SIMONS FRED PERRY Collaboration」の2013年春夏コレクションが、国内で初披露された。2011年春夏シーズンの発表後、4シーズンぶりの復活。異なるプリントやカラーのコンビネーションをデザインベースにした華やかなコレクションで、コラボレーションの再スタートを切る。

フレッド・ペリー×ラフ・シモンズ復活の画像を拡大

 「RAF SIMONS FRED PERRY Collaboration」の復活後初のコレクションは、伝統的なメンズウェアのパターンに掛け合わせたエレクトリックカラーやプリントが特徴。「FRED PERRY」を代表するクラシックなポロシャツは、チェックや千鳥格子、フローラルプリント、カモフラージュパターンなどを使用し、コットンやニットで作られた。ポロシャツの襟にはコレクションの新たなシグネチャーとして、襟の上から取り外し可能な襟を重ねた「デタッチャブルカラー」を取り入れている。この他、パンツやショーツ、ニット、ボンバージャケットがラインナップ。国内では、ポロシャツで16,800円〜、シャツは19,900円〜とメインアイテムの1.5倍強の価格を予定している。

 「これまでのコレクションはブラック一色などといったストイックな印象。復帰第一弾のコレクションは春夏ということもあるが、今期はこれまでにはない華やかな印象だ」と、広報担当者はコメント。Raf Simonsは2012年6月に開催されたParis Men's Fashion Week中に「RAF SIMONS FRED PERRY Collaboration」を発表。翌週のParis Women's Fashion Week期間中には、「Christian Dior」のアーティスティック・ディレクターに就任後初のコレクションを披露している。