住江織物 米国CRI「Green Label Plus」認証取得

写真拡大

住江織物(株)は、このほど米国カーペット・ラグ協会(The Carpet and Rug Institute)による認証プログラム「GreenLabel Plus」(グリーンラベルプラス)を取得した。
「Green Label Plus」(グリーンラベルプラス)とは、室内環境に影響を与えるホルムアルデヒドといった13種類の揮発性物質等の放散量を測定し、厳格な基準をクリアしたカーペットに対して与えられる認証プログラム。同プログラムを取得したタイルカーペットを使用することで、ビルの環境負荷の評価基準である米国環境性能評価システム「LEED(Leadership in Energy & Environmental Design)」のポイントを取得することできる。
今回認定を受けたのは、同社タイルカーペットのうち、表面パイルに原着あるいは先染めナイロンを100%使用し、裏面バッキングにPVCを使用した、循環型リサイクルタイルカーペット「ECOS(エコス)」を含むタイルカーペット。同社タイルカーペットを使用すると「LEED」ポイント1点が加算される。