漫画『HUNTER×HUNTER』、冨樫義博幻のネームがジャンプ新年1号2号に掲載へ

写真拡大

2013年1月12日(土)に公開される映画『劇場版 HUNTER×HUNTER〜緋色の幻影(ファントム・ルージュ)〜』の幻のネームから生まれたエピソード『HUNTER×HUNTER クラピカ追憶編』が、12月3日(月)発売予定の『週刊少年ジャンプ』新年1号と12月10日(月)発売予定の新年2号に掲載されることが明らかとなった。

『劇場版 HUNTER×HUNTER〜緋色の幻影(ファントム・ルージュ)〜』は、原作者・冨樫義博が約10年前に描いたものの、未公開となっていた幻のネームから構成したオリジナルストーリー。

12月3日、10日の2週で合計63ページにわたり掲載されるという。

物語は、幻影旅団への復讐のためハンターとなったクラピカを中心に展開し、クルタ族との過去も描かれる。

奪われたクルタ族の「緋の眼」を取り戻すべく旅を続けるクラピカは、突如何者かによって自身の「緋の眼」が奪われてしまう。

ゴン、キルア、レオリオの助けにより一命を取り留めるも、彼らの前には幻影旅団が立ちはだかる。

1998年より『週刊少年ジャンプ』で連載開始以降、既刊30巻で累計発行部数6,000万部を突破した漫画『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』は、壮大なスケールと個性的なキャラクターの数々が圧倒的な支持を集め、2011年秋には日本テレビ系にてアニメシリーズが放送開始。

2013年1月12日より初の映画として公開される『劇場版HUNTER×HUNTER〜緋色の幻影(ファントム・ルージュ)〜』は、ゲスト声優に川島海荷、主題歌をゆずが担当。

先日には、ゴン役の潘めぐみ、ゴンの親友・キルア役の伊瀬茉莉也、そして劇場版でアニメ初登場となるキャラクター・レツ役平野綾のメイン声優によるスペシャルユニットに、ゆずが新曲「流れ星☆キラリ」を提供したことも発表され、話題となっていた。