意中の彼を落とす! 草食系・肉食系タイプ別の攻め方を紹介 - アンファー

写真拡大

アンファーが主宰するエイジングケア総合情報サイト「アンファー からだエイジング」では、シングル女性に向けて、男性の生理的バイオリズムに着目した「運命のカレをみつけて落とす ◎秘テク」を公開している。

同サイトによると、統計的に右手の人さし指と中指の長さを比べ、薬指が長いほどテストステロン(男性ホルモン)の値が高い傾向にあるという。

このことから、薬指が長い人は「肉食系」、人さし指が長い人は「草食系」と分類することができる。

恋愛や結婚でも、お互いにないものを補うカップルはうまくいく傾向にある。

同サイトでは、気になる男性と自分の指をチェックし、自分とは逆の指の相手にアプローチするのがよい、としている。

人さし指が長い「草食系」の彼を落としたい場合は、デートは夜ではなく、テストステロン(男性ホルモン)の分泌量がピークを迎える朝のデートがおすすめ。

有酸素運動を一緒に行う、テストステロンを上げる食材(にんにく・ニラ・玉ネギなど)が入った食事をするなどがよいとのこと。

アルコールを控えることや、睡眠をたっぷりとることも大事だという。

薬指が長い「肉食系」の男性は、女性関係が派手になりがち。

そこで、テストステロンを下げて女性に対して消極的になるよう仕向けるのが効果的とのこと。

テストステロンを下げるには、上記の「草食系」の男性の場合と逆の方法を行う他、子どもの泣き声を聞かせるなど、父性的な体験をさせることも効果があるという。

また、メイクや服装、香水などを定期的に変え、“他の女性に変わったかのように演出する”というのも、男性の興味を引き付けるひとつの方法。

複数の女性とともに出掛けるときはテストステロンを下げる環境になるよう配慮し、2人きりのときは男性が積極的になるよう、テストステロンを上げる行動を取ることが、気になる男性を落とすテクニックとのこと。



続きを読む