インフルエンザ予防接種、「今年はしない」人は54%、「値段が高い」は60%

写真拡大

総合医療メディア会社の「QLife」は21日、「世帯所得別のインフルエンザの予防ならびに治療行動に関する一般生活者アンケート」の調査結果を発表した。

同調査は9日〜10日までインターネット上で行われ、一般生活者1,000人から回答を得た。

「今シーズンのインフルエンザ予防接種の意向・実施」について聞いたところ、「すでにした」は11.4%。

「するつもり」を加えても46.2%と過半数に届いていないことがわかった。

世帯所得別に見てみると、「すでにした」「するつもり」と回答した401〜600万円世帯は41.6%だった。

世帯年収が上がるにつれ数値は高くなり、1,001万円以上の世帯では51.4%となった。

「予防接種の値段」についての問いには、60.2%が「高い」と回答。

世帯年収が上がるにつれて高いと感じる人は減少するが、1,001万円以上世帯の世帯でも51.2%が「高い」と答えた。

詳細は「QLife内の調査結果発表ページ」で閲覧できる。