イオンから100円の新ジャンル! 「サッポロみがき麦」11/26より発売開始

写真拡大

イオンはサッポロビールと共同開発したリキュール系新ジャンル「サッポロみがき麦」を、11月26日から全国のイオン、マックスバリュなど約1,700店で発売する。

同商品は、穀皮に含まれる雑味成分を減らす「穀皮分離仕込」製法を採用。

純粋な麦のうまみを味わえる商品となっている。

ホップにはチェコ産ファインアロマホップを一部使用し、3段階に分けて投入。

爽快な香りを実現させた。

品質にはこだわりながら、1缶100円(350ml)という低価格を実現。

これは全国のイオングループ約1,700店舗の需要を集約し、同社が有する自社物流網を活用するなどコスト削減につとめたことによる。

同商品は350ml(100円)、500ml(140円)の2タイプ。

全国のイオングループの店舗ほか、オンラインショップ「イオンショップ」でも販売する。