東京都・神谷町に、料理僧「KAKU」が作る「お寺レストラン」期間限定開店!

写真拡大

出版社ディスカヴァー21と、浄土真宗東本願寺派緑泉寺の青江覚峰(KAKU)住職は、30日〜12月6日、東京都港区虎ノ門の光明寺境内オープンテラスに「お寺レストラン」を期間限定オープンする。

同レストランは、青江覚峰住職著の家でつくれるお寺のレシピ本「お寺ごはん」の出版を記念して開設されるもの。

マヨネーズを使わないポテトサラダ、肉の代わりにお麩を使った「お麩じゃが」など、肉も魚も使わない野菜のみの低カロリーでヘルシーなデトックス料理を紹介するという。

店舗では、同書掲載のメニューを青江住職が実際に調理して提供。

夜の部にはお寺で食べている精進鍋などもメニューに加わる。

また、2012年の煩悩を払うため、希望者には僧侶が悩みを聞き、その人に合った一文字をプレゼントする。

開設期間は11月30日〜12月6日。

時間は「昼ノ膳」が11時〜14時、「夜ノ膳」が18時〜22時。

料金は昼が1,200円、夜が3,000円。

昼夜とも定員は30名で、参加には予約が必要。

詳細・予約は「ディスカヴァー21公式サイト」へ。