JALと資生堂パーラー、東京と4都市を結ぶ”美食のコラボ”を期間限定実施

写真拡大

日本航空と資生堂は12月1日より、国内線「JALファーストクラス」導入5周年を記念し、期間限定で「資生堂パーラー」の朝食とスイーツメニューを初めて機内食として提供する。

対象は、東京(羽田)と4都市(札幌、大阪、福岡、沖縄)を結ぶ国内線ファーストクラス。

朝食メニューは、12月1日から31日までの1カ月間、スイーツメニューは12月1日から2013年1月31日までの2カ月間の限定で、搭乗客に提供される。

銀座発、本格西洋料理の草分けとして親しまれてきた「資生堂パーラー」は2012年、創業110年を迎えた。

今回は、「資生堂パーラー 銀座本店」の代表的なメニューから朝食メニューと、洋生菓子の中から9品のスイーツが提供される。

同店の総調理長を務める座間勝(ざま・まさる)氏が、JAL利用者のためにメニューを開発・監修した。

朝食は、季節感と素材を活かした3つのメニューを10日毎に用意する。

朝食の第一期(12月1日〜10日)メニューは、「鶏肉とほうれん草のクレープ包み オムライス風 伝統のトマトソース添え」。

第二期(12月11日〜20日)は、「野菜たっぷりキッシュ」。

第三期(12月21日〜31日)が、「サーモン、帆立貝とかぼちゃの三色テリーヌ 伝統のトマトソース添え」。