ルポ・あなたの上司が外国人になったら

写真拡大

■出社したら外資系になっていた

「ある日いつも通りに出社したら、会社が外資系になっていたんです」

これは決してジョークでも、英会話教室のCMでもない。首都圏にあるコンサルティング会社に勤めていた岡村行夫氏(34歳/仮名)が、5年前に実際に体験した出来事だ。

「上司から『本日、緊急朝礼を行う』と通達されて、全社員がホールに集められたんです。壇上に取締役が集合していて、社長がこんなスピーチを始めた。『わが社は本日をもって、アメリカに本拠を構えるA社と合併しました』。すると一体どこに隠れていたのか、見知らぬ外国人男性たちがズラリと登場して、『彼らが新しい経営陣です。それに伴い、社内の公用語は英語となります』と言われたんです。それはもう驚きましたよ」その日を境に部署のトップは外国人に代わり、報告書もメールの連絡も、すべて英語でのやり取りを求められるようになった。ビジネス英語が得意ではなかった岡村氏にとって、まさに青天の霹靂だったという。

「現場の経験がいくら豊富でも、語学スキルが足りない人間は重要なプロジェクトから外されたのが辛かったですね。その後は、新しく留学経験のある人材がどんどん採用されたこともあり、社内での立場も厳しくなっていきました」結局、岡村氏は1年後に退職を余儀なくされた。経済のグローバル化が進む現在、「上司が外国人になる日」は、もはや誰にとっても他人事とはいえないのだ。外資系のITシステムメーカーで営業をしている谷川克彦氏(36歳/仮名)は、直属の上司がイギリス人という環境で働いている。大学卒業後にアメリカへ留学し、現地企業でのインターンの経験もある谷川氏は、英語でのコミュニケーション能力には問題ない。だが、イギリス人との“ビジネス文化の違い”に戸惑うことがしばしばあるという。

■内容は二の次だ!まずは主張せよ

「欧米人と日本人では、根本的に他人の動かし方が違うんです。上司からは『もっとアサーティブネスを持て』とよく言われるんですが、平たく言えば『もっと主張しろ』ということなんです。欧米のビジネス文化では、自分の要求をゴリ押しするのが当たり前。とにかく自己主張をすることがまず重要で、内容の正当性は二の次という面すらあります。日本的な低姿勢さや謙虚さはあまり評価されません。それでも、クライアントの多くは日本企業なわけで、そこはダブルスタンダードになります。社内では肉食系のやり方が、社外では草食系のやり方が求められるというか……。イギリス人上司には理解してもらえないのが辛いところです」同じく外資系のIT企業で働く松山浩二氏(31歳/仮名)は、メンバーがほぼ全員フランス人というチームに所属しており、彼らのマイペースぶりに悩んでいる。

「基本的にラテン系の国民は、あまり長時間働かないんです。私の上司の場合、昼休みは毎日しっかり2時間とって、夕方5時を過ぎたら部署の誰よりも早く帰ります。残業は絶対にしないし、何かと理由を付けては有休では足りないくらい頻繁に休んでいます。もちろんバカンスの時期には1カ月ほど帰国するので、デスクに座っている姿を見つけるのが難しいくらい会社にいない。おかげで、上司の許可や決裁が必要な業務を進めるのが一苦労なんですよ」就業規則が厳しく、長時間労働が美化される風習が根強い日本企業では考えづらいが、「結果さえ出ていれば、仕事のやり方は個々人の裁量に任せる」というスタンスは、外資系企業ではむしろ一般的だという。

「上司からの指示を待つのではなく、『自分で上司を動かすスキル』を磨かないと、フランス人の部下は務まりません(苦笑)。その分、自分のやりやすい方法で仕事ができるので、働きやすい面もあります。責任は自分に返ってくるので、プレッシャーは大きいですけどね」その一方で、松山氏には毎日1時間ほど同僚たちと世間話をする習慣がある。万が一ミスを犯したときに周囲にフォローしてもらうには、日頃からコミュニケーションを密にとっておくことが重要だからだ。いつも黙り込んでいる人間は、「変人」のレッテルが張られてしまい敬遠されるという。上司や同僚の誕生日をレストランで祝い、休日には交代でホームパーティもする。日本企業的な職場の付き合いとは大きな違いがあるようだ。

■風通しはいいがシビアさがきつい

「確かに外資系企業は、日本の大企業に比べれば組織の風通しはいい。上司とも気軽に会話できるし、社長がヒラ社員に直接指示を出すケースもあるくらいです。ただ、表面的にはフランクでも、実質的には『上下関係のヒエラルキーは絶対』という風土の企業が多いと思う。上司からの要求やノルマは無茶でも絶対にクリアしなければならないし、下手に逆らえばミスしたときに簡単に切られてしまう。そのシビアさは、一般の日本人にはなかなか馴染めないものがあります」

と語るのは、これまでに9社もの外資系企業に勤めてきたキャリアを持つ筋金入りの“外資系マン”の三谷和弘氏(42歳/仮名)だ。過去の上司にはヨーロッパ人からアジア人まで、様々な国籍の人物がいたようだ。

「グローバル企業の管理職として日本に来るような人物は、本国でも相当なエリートばかり。当然プライドも高いし、これまでの成功体験に絶対の自信を持っているケースが多い。人種差別や他国の文化を否定するような言動はコンプライアンスで厳禁とされていますが、日本独自の習慣やしきたりを非効率的だと密かに馬鹿にする人物もいました。自国式のやり方を押し付けられることもあって、日本人の上司にはない付き合い難さを感じる人も多いはずです。もちろんその逆に、外国人上司を差別することも問題。お互いの国の文化をリスペクトし合うことが、うまく付き合っていくための必須条件でしょうね」

ちなみに、9つもの会社を転々とするのは日本的な感覚では異例だが、外資系企業ではむしろ評価されるポイントだという。

「外資系では、ひとつの会社に長年勤めていると、『モチベーションが低い』と思われます。転職がキャリアアップの手段なので、社員がどんどん入れ替わるんです。ただし、個人主義ゆえに『引き継ぎ』の概念がないので、みんな自分の都合で勝手に辞めていく。すべてゼロからやり直しになるわけで、残された人間は大変ですよ。自分の上司が入れ替わると、部署のカラーも丸ごと塗り替えられますからね」

最後に、冒頭に登場した岡村氏の現在を紹介しておこう。英語力の必要性を痛感した同氏は、退職後にアメリカに留学。その後ヨーロッパに移住して数カ国で働き、現在はイタリアに本拠を持つグローバル企業に勤めているという。語学の習得も、外国文化の吸収も、始めるのに遅すぎるということはないのかもしれない。

(呉琢磨=文 宇佐見利明=撮影)