東京都京橋に、共創型事業を目指すイトーキ東京イノベーションセンター誕生

写真拡大

イトーキは東京都中央区京橋に11月26日、イトーキ東京イノベーションセンター「SYNQA(シンカ)」を開設する。

同施設の名称「SYNQA」は、「イトーキとSynchronaize(同調)して進化(シンカ)していく」というコンセプトから来ている。

協業パートナーと同社がWin-Winの関係を築き、新たなビジネスを生み出し進化していくことを目指しているという。

同施設は従来型の製品展示型ショールームとは異なり、投資家や消費者・従業員・地域社会・取引先・同業者など、利害関係に関わらず様々な人が自由に集う。

そして場を共有することで、新たなビジネスを作り出す共創型事業開発拠点と位置づけている。

外部に門戸(もんど)を広く開放することで、内部交流型から“外部交流型”へと進化させていくとのこと。

1階は外部交流スペースとして、サテライトオフィスカフェ、オフィスチャンネルなどを設置。

2階は共創型事業スペースとして、セミナールーム、プロジェクトルームを設けている。

また、イトーキのヒストリー展示スペースも設置。

3階はイトーキ京橋オフィスとなっている。

同施設は12月中は施設やサービスのテストランを重ね、見学を中心に一般公開をする。

本格稼働は2013年1月からになるという。