クリスマスにかける予算、男性は平均2万6,432円、女性は?

写真拡大

インターネット調査のマクロミルは20日、「2012年 クリスマスに関する調査」結果を発表した。

同調査は、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の20〜59歳の男女を対象に、インターネットリサーチにて行われた。

調査期間は11月13日〜14日、有効回答数500名。

12月22日〜24日の三連休と25日のいずれかに出掛けるかを聞いたところ、52.4%が「出掛ける」と回答した。

日別にみると、「22日(土)」は30.8%、「23日(日/祝)」は38.8%、「24日(月/休日)・クリスマスイブ」が34.8%、「25日(火)・クリスマス」は14.6%が「出掛ける」と答えた。

「出掛ける」と答えた人に、どこへ出掛けるかを聞いたところ、1位「イルミネーションを見に行く」(43.9%)、2位「クリスマスプレゼントを買いに行く」(27.9%)、3位「クリスマスディナーなど、豪華な外食をする」(25.2%)となった。

「今年行ってみたい関東のイルミネーションスポット」は、1位は約100年前の建設当初の姿に復元された東京駅丸の内駅舎の”新演出”が見られる「東京駅駅前広場」(28.4%)、次いで今年話題をさらった「東京スカイツリー」(26.4%)、3位はウォルト・ディズニー生誕110周年を記念した演出が行われる「表参道ヒルズ」(21.2%)となった。

飲食代やプレゼント代など、今年のクリスマスに使う予算の平均金額は2万2,671円となった。

男女別では、男性は2万6,432円、女性は1万9,500円となり、男性の方が6,932円多い。

2010年調査と比較すると、クリスマス予算は全体平均が2,001円増加し、男女別では、男性は1,811円、女性は2,573円増加した。

「クリスマスに欲しいプレゼント」は、女性は年代を問わず「アクセサリー」がトップ。

30代では「洋服」が同率1位だった。

男性の1位は「iPad mini」。

「iPad mini」は男性の全年代において2位以上にランクインしている。



続きを読む