【動画】安室奈美恵の衣装をファセッタズムが制作 PVメイキング映像公開

写真拡大

 映画「黄金を抱いて翔べ」の主題歌で安室奈美恵の新曲「Damage」のミュージックビデオの衣装を、「FACETASM(ファセッタズム)」が手がけていることがわかった。「FACETASM」は、安室奈美恵が10月に開催された「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2013 S/S(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京 2013 S/S)」のオープニングセレモニーにサプライズゲストとして登場した時に着用していた日本のデザイナーズブランド。"アムラー"などの流行を生んできたトレンドセッターで、これまでもミュージックビデオやステージ衣装で様々なファッションに挑戦してきた安室奈美恵が、新しい一面を見せている。

【動画】安室奈美恵の衣装をファセッタズムが制作の画像を拡大

 衣装に注目が集まるアーティストといえばLADY GAGA(レディー・ガガ)が有名で、東京ブランドを好んで着ていることでも知られている。日本のアーティストでは、安室奈美恵がミニスカートと厚底ブーツで1990年代に流行らせた"アムラー"スタイルが、ファッションアイコンとしての先駆けだろう。以来、安室奈美恵は音楽活動と共にCMや雑誌の表紙を飾り、「moussy(マウジー)」とは2度のコラボレーションを発表。ミュージックビデオではゴシックやロリータといったスタイルにも挑戦している。

 安室奈美恵が特定のブランドを指名するのは珍しいが、「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2013 S/S」のオープニングセレモニーで着用したことをきっかけに、新曲の衣装としてデザイナー落合宏理が手がける「FACETASM」が抜擢されたようだ。公式facebookで先駆けて公開された「Damage」ミュージックビデオのメイキング映像では、安室奈美恵とダンサーが「FACETASM」の衣装を着て躍る様子が映し出されている。ビデオの全編は12月5日に配信が開催される予定で、「FACETASM」は安室奈美恵のライブ衣装も手がけるという噂もある。


■安室奈美恵が東京コレクション開幕セレモニーに登場 オープニングショーはFACETASM
 http://www.fashionsnap.com/news/2012-10-13/mbfwt-13ss-amuro-facetasm/