同じ物件なのに不動産屋によって家賃や値段が違っていたりするのはなぜ?



マンションやアパートなど、家探しをしている時に、まれに同じ建物で同じ階層、さらに同じ間取りの物件なのに家賃が違ったりすることはありませんか? これは一体どういうことなのでしょうか? 不動産屋さんにその理由を聞いてみました。



――同じマンションで同じ間取りの物件なのに、家賃や値段が微妙に違っていたりすることがあるのですが、これはなぜなのでしょうか?



それは恐らく管理している業者の話ではなく、大家さんが違う場合がほとんどだと思います。例えば分譲マンションだと、マンションを購入された後に、その部屋を人に貸す方もいらっしゃるんです。そうすると同じマンションで同じ間取りでも、それぞれ大家さんが違うので家賃や敷金などの金額の差が出てくるんですね。



――なるほど。Aさんが7万円で貸し出すけど。Bさんは8万円で貸し出す、という感じですね。



そうですね。大家さんそれぞれで値段のつけ方が変わるので、まれにそういった同じような物件でも家賃や値段の違う場合が出てくるのです。早く借り手が見つかってほしいからほかよりちょっと安くする、という人もいれば、8万円でも借り手は多いはず、という人もいますので。



――確かに同じ間取りでほかより安いと魅力的ですもんね。あとは同じような物件でも敷金・礼金が違ったりしますね。



敷金・礼金が違う場合も大家さんが違っていたりするケースがほとんどだと思います。うちはどうしても早く貸したいから敷金・礼金は0に、という大家さんもいますので。



――そうなるとますます強気な大家さんとのギャップが開いていくわけですね(笑)。



そうなります(笑)。あと、同じ物件でも家賃の差がついている場合は管理費とかに注目してみるといいですね。例えば同じ間取りで家賃5万円と家賃4万円の物件があるとして、管理費は5万円の方は管理費なし、4万円の方は管理費1万円、合計してみると支払う金額は変わらない、ということもありますね。



――それはどういう意図でそういった金額付けがされているんですか?



インターネットで検索する際、やはり低い家賃で検索に引っかかった方が注目されますからね。



――なるほど。同じ間取りで5万よりは4万って書いてあるほうがヒキはありますね。



ただ結局は借りる際にバレちゃうことなんですが(笑)。でも見てもらわないことには始まらないと思いますし。



――なるほど……貸し手側もいろいろと考えているんですね。



同じような物件でも家賃や価格が違うからくりの謎は「大家によって家賃のつけ方が違う」ということでした。似たような物件を持つ者同士ですし、そのへんのかけ引きというのも存在するのでしょうね。また、支払額は同じでも、見栄えがいいように家賃を安くしている物件があるのも驚きでした。物件探しの際は、いくつもの業者で比較してこうした少しでも安い家賃設定の物件を探すのがかしこいやり方かもしれませんね。



(貫井康徳@dcp)