鶏むね肉の激ウマ料理 (7) 鶏むね肉でつくる、ふわっとやわらか親子丼

写真拡大

丼の定番メニュー、親子丼。

今回は、鶏もも肉より安価な鶏むね肉で挑戦! 「火の入れ加減が鶏もも肉より難しく、加熱しすぎるとかたくなります」(レシピ考案者で人気ブロガーの筋肉料理人さん)とのことだが、ちょっとした工夫で鶏むね肉でもやわらかな仕上がりになる。

材料(1人分)鶏むね肉 100g / 玉ネギ 1/4個 / 小ネギ 4本 / 卵 2個 / 七味唐辛子 適量 / ごはん 適量)A(白だし(市販) 小さじ1 / 日本酒 小さじ1 / 片栗粉 小さじ2)B(だし 1/2カップ / 醤油 大さじ1 / 味醂 大さじ1 / 日本酒 大さじ1 / 砂糖 大さじ1/2)つくり方鶏むね肉にラップをかぶせて瓶の底でたたく。

半分の厚みになるまで伸ばしたら、一口大に切り、ボウルに入れてAをもみ込む。

玉ネギは薄く切り、小ネギは長さ3cmに切る。

卵は溶いておく。

小さなフライパンにBと2の玉ネギを入れて火にかけ、沸騰したら1を入れる。

鶏肉に火が入ったら溶き卵の3/4量をまわしかける。

軽く混ぜ、かたまってきたら2の小ネギを散らし、残りの溶き卵をまわし入れる。

フタをして火を消し、1分蒸らしてごはんの上にのせたらできあがり。

お好みで七味唐辛子をどうぞ。

「鶏むね肉がかたくならないように、下味と一緒に片栗粉をもみ込みました。

この効果で鶏むね肉でもやわらかく、味もしっかりして、割り下にもとろみが付きます。

さらに、玉子までふわふわに。

一石四鳥のポイントです」(筋肉料理人さん)。

筋肉料理人1963年6月生まれ。

佐賀県在住。

自営業のかたわら、居酒屋で料理人としても働く。

2009年からは佐賀県三養基郡みやき町保有の元民間保養施設で食文化コーディネーターとしても活躍。

趣味は料理、バイク、アウトドア、筋トレ、熱帯魚。

子供は中学生と小学生の2人。

日々料理を楽しみ、筋トレ、プチダイエットも継続中。

超人気レシピブログ「魚料理と簡単レシピ」も執筆。