福岡県のJR門司港駅、2日間のみ仮囲い開放 - 駅全体を見る貴重なチャンス!

写真拡大

福岡県北九州市のJR門司港駅(鹿児島本線)では、12月1〜2日の2日間に限り、駅を覆う仮囲いを開放する。

JR九州によれば、「仮囲いのない現在の門司港駅をご覧いただけるのはこれが最後のチャンス」とのことだ。

国重要文化財にも指定されたレトロな木造駅舎で知られる門司港駅は、今年9月29日より駅舎保存修理工事に入り、駅の周囲は仮囲いで覆われている。

テナントなどの撤去整理が終わり、これから本格的な工事が始まるが、その前に仮囲いが移設されるため、2日間限定で現在の駅舎全体を見られることに。

駅舎内には入れない。

JR九州はこの2日間、「門司港駅新たな旅立ち記念きっぷ 〜0哩の軌跡〜」を臨時窓口で販売。

450セットを用意し、販売時間は各日9:00〜17:00。

なくなり次第終了となる。

門司港駅では12月3日以降、調査を行うために駅前広場も含めて再び仮囲いを設置。

来年3月以降、駅舎も素屋根で完全に覆い隠される。

建物をいったん解体した後、傷んだ部材を修理・補強して再び組み立てなおすとのことで、工事期間は2018年3月までの予定。

その間、門司港駅は仮駅舎での営業となる。