堀場製作所最高顧問 
堀場雅夫 
1924年生まれ。旧制私立甲南高校(現甲南大学)をへて、46年京都帝国大学理学部物理学専攻卒。学生時代に堀場無線研究所を創業。53年堀場製作所を設立し、社長に就任。78年会長、2005年から最高顧問に。06年に分析化学の世界で最も権威ある「ピッツコン・ヘリテージ・アワード」を受賞した。

写真拡大

大学では物理学を専攻した。そのためか、森羅万象はことごとく“巨大な機械”であり、要素に分解し分析していけば「すべては解決できる」という非常に強い信念を持っていた。もちろん経済学や生物学なども例外とは思わなかった。だが、26歳のときにその考えを改めることになった。医学博士号を取るために、生理学・医学を基礎から学んだからだ。

当時の私は20歳で会社を興していたこともあり、正直なところ学位を取るためだけに通学して勉強するような時間的余裕などなかった。しかし、ものは考えようだ。「社外留学するとか特別に論文を書くための研究などしなくても、毎日の仕事に打ち込みながらだって博士号は取れるものだ。おれもやるから、みんなも頑張ろう」と鼓舞したのだった。

その結果、部下たちは続々と工学博士や理学博士の学位を得た。残ったのは社長の私である。

そのまま専門分野で申請すれば理学博士となる。だが、理学では後輩(部下)に先を越されていた。まだ誰も取っていない分野を目指そうと考え、着目したのが生理学・医学であった。京都大学医学部の先生からアドバイスを受け、熱解析法を血液の分析に応用するというテーマで論文を書いた。1年ほど京大病院に通って実験を重ねた成果である。

論文そのものは高い評価を得た。しかし医学博士となる以上、医学全般の知識も持っていなければおかしいのではないかという意見が出て、口頭試問を課されることになった。そのためさらに1年、生理学・医学の勉強を強いられたのだ。医師になるわけではないのに、なんと理不尽な……。当時は社長業の忙しさも手伝い、無益な学習をすることに腹立たしさすら感じたものだ。

ところが、いまになって思えば、このときの勉強で私の人生観は大きく変わった。すべてを機械のようにとらえる単純な唯物論者から脱皮し、医学博士号を得ることができたのだ。

なぜ変われたのか。端的にいえば、生理学・医学の世界においては物理学の考えや法則が通用しないからだ。たとえば生物を細かく切り刻んで細胞単位に分解し、それをもう一度寄せ集めても、元の機能は回復しない。分析と統合によって真理に至る「要素還元法」が物理学や化学を中心とする科学の基礎なのに、こと生命に関する分野に関しては、それが通用しないのだ。それどころか、生命に関する分野については現代の科学では何もわかっていないに等しい。医者にかかると、彼らはわかったようなことをいうが、実際には不明なことだらけである。

人間の特定の臓器がどのような機能・作用をするかはわかっている。解剖すれば配置もわかる。しかし、なぜそうなっているかはわからないし、工学的に再現することもできない。科学が進歩したといっても、いまだに単細胞生物のアメーバ一つをゼロからつくることもできないのだ。

生理学や医学を学ぶうちに、このような認識が私のなかで大きく育っていった。ことは生命に関する分野だけに限らない。複雑きわまりない現実世界は、物理学などで馴染んだ要素還元法では説明しきれないのではないか、ということである。

はるか後年になって、私のそうした認識を裏付ける本が現れた。1997年に出版された『複雑系の経済学』である。生命や経済、気象などそれぞれの因子が相互に影響しあって進行する複雑きわまりない現象を「複雑系」という。複雑系研究のメッカとされるのがアメリカ・ニューメキシコ州にあるサンタフェ研究所だ。そこでは物理学や経済学、心理学、社会学、生物学などの専門家が集まり、学際的な研究が進められている。同研究所の研究成果などをもとに、複雑系の概略を解説したのが同書である。

それ以前からメディアで話題になっていたので、複雑系という名称だけは知っていた。しかし本格的な解説を読んだのはそのときが初めてだった。一読して、私が求めていたのはこれだと思った。

主に2つのポイントがある。複雑系においては、前述した要素還元法が否定されていること。そして未来は予測できず、すべては「一回性」であるということだ。

同書のなかで最もよく本質を整理しているのが、多摩大学教授の田坂広志氏による第7章「複雑系の七つの知」である。複雑系においては「これまで金科玉条としてきた科学的手法の限界」が露呈されると田坂氏は説く。たとえば要素還元法を支える「分析」という手法である。

「宇宙、地球、自然、社会、市場、企業などは、本来、複雑化すると新しい性質を獲得するという特性を持つため、分析という手法によって分割された瞬間に、その新しい性質が失われてしまう。そのため、分割する前の対象の全体像を正確に認識することができなくなる」

堀場製作所の主力事業は分析器具の製造・販売である。分析が無力になるということは、私たちの仕事そのものも過去の遺物になってしまうということだ。しかしその認識は、生理学・医学を学んで以来、私自身が考えていたことと合致していた。

複雑系を考えるときに、もう一つの重要なポイントは「一回性」という原理である。昨日つくったものも今日つくったものも、明日つくるものも、すべて同じ品質であることが、品質管理の基本である。それにはどうするか。仕入れる品も製造過程もまったく同じようにすることだ。つまり再現性があるということ。再現性があるものを科学という。ところが、複雑系においては「結果を予測することはできない」。つまり再現性はない、というのである。

「複雑系においては、最初の条件のわずかな違いが、大きな結果の違いをもたらす」と田坂氏は指摘する。精密な未来予測モデルを開発することができたとしても、「そのモデルに入力するデータが不正確な値でしかわからなければ、その予測結果は大きく外れてしまう」。

世の中の事柄はすべて一回限り、一回性なのだ。たとえば松下幸之助氏の事績を学び、同じことをするように心がければ、みなが偉大な事業家になれるのか。なれるはずはない。

時代背景や家族やもろもろの条件がそろったなかで、松下という人物が事業家として成功を収めた。そのことは歴史的事実としても、再現可能な法則などあるはずがない。では予測ができない一回性の世界で、人間が主体性を発揮するにはどうしたらいいか。「未来を『予測』するな、未来を『創造』せよ」というのが同書のメッセージで、まったく同感だ。

ところで、古希(70歳)のお祝いをしてもらったときに、私は「やりたいことはやりつくした」と殊勝なことを述べたが、80歳を過ぎたいまは前言を撤回したい。たとえば分子生物学者・福岡伸一氏の『動的平衡』を読むと、世の中には“わからないこと”がたくさんあって、その謎に迫っていくことがどれほど面白いかを再認識させられる。

人間はおよそ60兆個の細胞でできているというのは常識として知っていた。しかし本書によれば、細胞を構成するタンパク質は意外な速さで入れ替わるという。そのことを踏まえて福岡氏はこう記す。

「合成と分解との動的な平衡状態が『生きている』ということであり、生命とはそのバランスの上に成り立つ『効果』である」

1年前の私といまの私は物質的には別ものである。私の記憶はどうやって受け継がれるのかなど、考えはじめるときりがない。すでに85歳を迎えた私だが、とても「やりつくした」という気分にはなれない。

※すべて雑誌掲載当時

(堀場製作所最高顧問 堀場雅夫 構成=面澤淳市 撮影=芳地博之)