新型「マツダ アテンザ」セダン

写真拡大

マツダは2012年11月20日、新型「アテンザ」を発売した。メーカー希望小売価格は、250万〜340万円。

先進安全技術「アイ・アクティブセンス」採用

新世代技術「スカイアクティブ」と新デザインテーマ「魂動(こどう)」を採用したフラッグシップモデルだ。高効率かつパワフルな新世代クリーンディーゼルエンジン「スカイアクティブ-D 2.2」を設定するなど、「力強く気持ちのよい走り、快適かつ上質な乗り心地を実現した」という。

独自のアイドリングストップ機構「アイ・ストップ」や減速エネルギー回生システム「アイ・イーループ」を全車に搭載するほか、ミリ波レーダーやカメラなどにより障害物を検知し、安全運転をサポートする先進安全技術「アイ・アクティブセンス」を採用した。自動ブレーキを作動させるシステムや、車線はみ出し時の警報、AT(オートマチックトランスミッション)車でのペダルの踏み間違いによる誤発進を防ぐシステムなどを用意する。

また、Aピラーを後方に配置して広い視界を確保するとともに、タイヤハウスを前方に配置することで、「オフセットの無い自然なペダルレイアウト」を目指した。