モテようとした男性のうそ - 「昔はワル」「恋愛経験そこそこある」

写真拡大

男性なら誰だって女性にモテたいと思っているはず! モテたいがために女性の前で見栄をはったり、うそをついたりしたことはないだろうか。

今回はマイナビニュース会員のうち独身男性300名に、モテようとしてうそをついたことがあるか聞いてみた。

Q.モテようとしてうそをついたことはありますか?はい 13.0%いいえ 87.0%Q.(「はい」と答えた方)どのようなうそですか?■自分を大きくみせたくて・「自慢的な部分をちょっと盛った」(23歳男性/金属・鉄鋼・化学/営業職)・「職をモテるように上乗せして言った」(31歳男性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)・「知ったかぶりをついしてしまったことがある」(30歳男性/小売店/販売職・サービス系)■昔の武勇伝・「高校時代、サッカー部でキャプテンをやっていたといううそ」(33歳男性/情報・IT/技術職)・「昔はワルだったといううそ」(27歳男性/自動車関連/技術職)■金持ちアピール・「愛車のアルテッツァにレクサスのエンブレムを付けて、ISだと自慢した」(28歳男性/自動車関連/技術職)・「着ている洋服の値段をちょっと上乗せしていった」(24歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「金持ちのふりをして泣きを見ることが多い」(37歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)・「実家が金持ち」(35歳男性/その他/販売職・サービス系)■恋愛経験を水増し・「これまで付き合ったことがある人数を実際の数より多く言った」(25歳男性/機械・精密機器/技術職)・「過去に恋愛経験がそこそこある」(27歳男性/生保・損保/専門職)■その他・「自分の好きな歌手や曲を相手の好みに合わせたこと」(27歳男性/その他/技術職)・「彼女がいるのに、いないとうそをついた」(26歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)・「ベースを弾けると言った」(30歳男性/小売店/事務系専門職)■総評「モテようとしてうそをついたことがある」と答えた人は13.0%で、女性編の回答よりもやや低い結果となった。

一番多かったのが、お金に関するうそ。

貯金額や年収を多めにいったり、洋服や愛車を自慢したりと、経済力の高さをアピールする男性が多かったが、結局のところ自分で自分の首を絞めることになるようだ。

また、恋愛経験を水増しする男性も多かった。

自分がいかにモテるか主張したいのかもしれないが、人数を盛りすぎると女性にドン引きされる可能性もあるので注意が必要だ。

その他には、職業に関するうそや、年齢や身長のサバ読みなど、すぐバレてしまうのでは……と思うようなうそや、過去の経験を「武勇伝」として誇張して語ることなどさまざまなうそがあげられた。

好きな女性によく思われたい……という気持ちは理解できるが、うそは遅かれ早かれいずれバレるもの。

うそをつく男性よりも、正直で誠実な男性に魅力を感じるという女性は多い。

自分を偽らず「ありのまま」で勝負したいものだ。

調査時期: 2012年11月6日〜2012年11月12日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性300名調査方法: インターネットログイン式アンケート

続きを読む