炊飯器でつくる「特大”包まない”ロールキャベツ」

写真拡大

人気の洋風おかず、ロールキャベツ。

キャベツを茹でて挽肉を包んで……と何かと面倒な作業の連続なのだが、今回は、炊飯器を使ってズボラクッキング。

特大のロールキャベツをつくってみた。

しかも”包まない”ので超簡単。

ぜひ試してみて! レシピ考案は人気ブロガーのヤスナリオさんだ。

材料(5.5合炊きの炊飯器1台分)豚挽肉 400g / 玉ネギ 1/2個 / キャベツの葉(大きいもの) 9枚 / カットトマト缶 1缶塩 小さじ1/3 / 胡椒 適量 / ナツメグ 小さじ1/3 / ドライバジル 小さじ1/3 / 水1/4カップ / 固形コンソメスープ 1個つくり方ボウルに豚挽肉、みじん切りにしておいた玉ネギ、塩、胡椒、ナツメグ、ドライバジルを入れ、手で粘り気が出るまでよく混ぜる。

炊飯器の内釜にキャベツの葉3枚を敷き詰め、その上に1の半量をのせる。

2の上にさらにキャベツの葉3枚を重ね、1の残りをのせ、その上に残りのキャベツの葉3枚をフタをするようにかぶせる。

  3にカットトマトを缶汁ごと入れ、水と固形コンソメスープを加えて炊飯ボタンを押す。

キャベツに火が通ってクタクタになったら完成。

火が通っていないようなら再度炊飯ボタンを押して再加熱する。

フライ返しなどですくって釜から取り出し、盛り付ける。

ヤスナリオ掛軸や襖を作る「表具職人」として働くかたわら、男らしくシンプルでウマいごはんをつくる「料理”勉強家”」。

お酒に合うカンタンレシピを掲載したブログ「ワインとごはん」を日々更新中。

※炊飯器の機種によっては米の炊飯以外の使用を禁じているものもあるので、取扱説明書をチェックしてください。