タクシーも避ける!? 京都府にある「深泥池」は有名な心霊スポット

写真拡大

京都市北部の北山地域の一角にある、周囲約1.5km、面積約9haの「深泥池(みぞろがいけ)」。

この池は、植物の遺骸(いがい)が積み重なって泥炭化し、水面に浮いている「浮島」があることで知られている。

しかしこの池、うわさが尽きない神秘の池なのだ。

この池は近隣に住宅地があるにも関わらず、今もなお氷河期と変わらぬ動植物が生き続けていることで知られている。

水生植物や魚類の他に、昆虫や野鳥なども数多く生息している。

ちなみに、上賀茂(かみがも)神社や国立京都国際会館、京都府立植物園などにも近く、池に沿った道の交通量は多い。

池では数々の不思議な現象が見られる。

中でも、池中央部で全体面積の3分の1を占領している浮島は奇怪だ。

というのも、理由は定かではないがこの浮島、夏には浮かび上り、冬は沈んで冠水するというのだ。

水に浸かるところと浸からないところがあるため、冬になって冠水する平たん部分にはミツガシワやカキツバタなどが育つ。

一方、冠水しない部分にはアカマツやネジキなどの樹木が密集し、そこに多くの小動物も住んでいる。

そのため、一見すると池の大部分は陸地のように見える。

また、この一帯は全国屈指の心霊スポットとしても知られている。

その類いの話が出るようになったのは、かつて近くに結核患者を隔離する病院があり、自殺した者がいたためだと言われている。

幽霊や人だまの目撃例は多く、また怪談話もいろいろと伝えられている。

そうした恐ろしい話が出るもう1つの理由は、池の底が何層にもなっている“底なし沼”状態のため、自殺者をはじめとして溺死体がたくさん沈んでいるという説が持ち上がるからだ。

実際、現地に行くと、池にすむ生物も多いはずなのに、虫の羽音や水が波打つ音も聞こえず、静かでどんよりとした雰囲気が漂っている。

怪談話の中で最も有名なのは、深夜、タクシーが市街地で陰気な雰囲気の若い女性を乗せたところ、消え入るような声で「深泥池まで」と言うので車を走らせたが、着いた頃には女性の姿は見えず、後部席のシートがビッショリとぬれていたというもの。

この話はその後、定番の怪談話定番になっている。

池の近くには鬼が住んでいたという伝承が残る貴船(きふね)という地区がある。

ここは平安時代、鬼が出入りする場所だったとも言われているだけに、ひょっとすると魑魅魍魎(ちみもうりょう)が交差するミリテリーゾーンになっているのかもしれない。

その他、池に面して建っているマンションでは、幽霊の目撃談が多い。

また、うそか誠か分からないが、京都のタクシーは夜になると深泥池へ行くという客は乗せなくても乗車拒否にはならないという話もある。

いずれにしても深泥池が、日本を代表する心霊スポットであることは間違いない。