人の名前がついたスポーツのテクニック



日本が史上最多のメダル獲得という素晴らしい結果に終わったロンドンオリンピック。中でも体操の内村航平選手は個人で金メダル、団体でも銀メダルと素晴らしい活躍でした。さて、その内村選手の演技中に「伸身のコールマン!」、「トカチェフ!」といった技の名前がいくつも登場しましたが、これらはすべて人の名前から付けられた技名。スポーツのテクニックには同じように人名が付けられた技が数多く存在します。

今回は、そんな人の名前がついたスポーツの技を紹介します。



●『モリスエ』

ロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得し、現在はタレントとして活躍する森末慎二さんの名前が付けられた平行棒の技名です。後方棒上かかえ込み二回宙返り腕支持(未経験者にはどういう技かわかりません……)で技の難易度はD難度。体操の技には人名が由来となっているものが非常に多く、日本人の名前が由来になった技ですと、モリスエ以外にも、ツカハラ(塚原光男)、エンドー(遠藤幸雄)など数多く存在します。



●『イナバウアー』

2006年に行われたトリノオリンピックで、荒川静香選手が披露したことで一躍有名になったフィギュアスケートの技名。旧西ドイツの女子フィギュアスケート選手のイナ・バウアー選手が開発した技なので、この名前が付きました。



●『アクセルジャンプ』

フィギュアスケートの中継などでよく聞くのが『ダブルアクセル』や『トリプルアクセル』。この『アクセル』というのは実は人の名前から付けられています。元になったのはノルウェーのアクセル・パウルゼン選手。「案外知らなかった」という人が多いのではないでしょうか? ちなみに『ルッツジャンプ』の「ルッツ」や『サルコウジャンプ』の「サルコウ」も由来元は人名です。



●『バサロ泳法』

『バサロ泳法』とは、背泳ぎにおいての潜水での泳法のことです。1988年のソウルオリンピックで日本の鈴木大地選手がバサロ泳法を駆使して金メダルを獲得したことから、一般の人にもこの名前が知り渡りました。名前の由来となったのは1970年代に活躍したアメリカのジェシー・バサロ選手。バサロ泳法はあまりにも有効なテクニックであるため、現在では潜水で泳いでもいい距離が15メートルと定められています。



●『デンプシー・ロール』

ボクシングには『デンプシー・ロール』という、体を振り子のように揺らしてその反動で強力なパンチを打つテクニックがあります。某有名ボクシング漫画の主人公がよく使うのでもしかしたら聞いたことがあるかもしれません。このデンプシー・ロールは、ジャック・デンプシーというボクシング選手が編み出したため、この名前がつけられました。



●『アリ・キック』

アントニオ猪木選手が使う『アリ・キック』も人名由来のテクニック。1976年に日本武道館でボクサーのモハメド・アリと戦った際に繰り出したローキックにつけられた名前です。プロレスの技名は自分の名前を付けたものが多いのですが、これは相手の名前が付けられ定着した珍しい技名です。



●『クライフ・ターン』

数多くあるサッカーのテクニックですが、人名が由来となっているものは非常に少数。その少ない中でも非常に有名なのが「トータルフットボール」で知られるヨハン・クライフの名前がつけられた『クライフ・ターン』です。ボールをけるフリをして軸足の後ろにけりだしてターンをするこのテクニックは、世界中のサッカーファンをとりこにしました。





今回紹介した以外にも、人名が由来となっているスポーツのテクニックは数多くあります。特に体操種目は最初に国際大会でその技を成功させた選手の名前が採用されるため、ほとんどが人名由来のものです。そのうち、内村航平選手の名前が由来の『ウチムラ』という技名が追加されるかもしれませんね。



(貫井康徳@dcp)