恋のチャンスを逃がさない! 忘年会で女性の気を引くテクニック




そろそろ忘年会シーズンですね。ふだんとは違う意外な一面を見せれば、これまでスルーされていた女性陣の人気を獲得できるかも!? 今回は、職場の忘年会をテーマに、気になる女性の心をつかむテクニックをご紹介。都内でナンパ塾や恋愛塾を開講する草加大介さんに聞いてみました。クリスマスも近いし、今年は2人で年を越せるかな?



■メジャーリーグの選手が、試合中にナンパ!?



――ナンパといえば、ヤンキースのAロッドが、試合中にナンパをして問題になりました。



「究極のファンサービスですよ。相当かっこいい選手。一流プレーヤーになれば一年間フルに野球のこと考えているわけで、われわれだって仕事中、女性に目がいくことがあるでしょう。女性関係がいいと仕事もうまくいくし、ナンパが上々ならバットも快音を響かせるんですよ」



――そろそろ忘年会シーズンですが、女性の喜ぶ一発芸を練習しておくとモテますか?



「だいたい忘年会なんてのは、自分がしゃべらなくたって誰か盛り上げますから。そんなことする必要はないですよ。気を引こうとすると逆に警戒されるものです。



そんなことより気配りですよ。聞き役になってあげることが大切。無理に迫れば過剰に反応しますし、会社内で変なうわさがたてば相手が気の毒ですからね。自分の生徒さんで、退職を余儀なくされた例もありましたから……」



――しかし、なかなか切り出せずに終わってしまうこともあるかと……。



「一次会は上司がいて堅苦しいかもしれませんが、二次会があるでしょ。女性もだいたい二次会までは付いて来ますよ。そういった席で『最近みんなで飲みに行った?』とか『食事した?』とかって切り出すわけです。相手が乗ってくれば、『自分もよく学生時代の仲間と飲むから今度一緒に行こうよ』って感じで話せるわけです。それなら女性は断る理由はないですし、プライベートの連絡先を教えてくれますよ」



■異業種交流会など、不特定多数のビジネスパーソンが集う場所では?



――最近、異業種交流会などで女性と席をともにすることが多くなりました。



「こういった席では、最終的には連絡先を聞きたいところじゃないですか。チャンスを逃さないためにも、名刺をいつも持っておくことです。PCのアドレスとケータイのアドレス、これは上司に言って名刺に入れてもらうといいですね。特に異業種交流会なんかでは、名刺交換は当たり前なんで、そういった懇親会の席では女性もウエルカムなんですよ」



――メールアドレスにいきなりデートの誘いはどうですか?



「会社をクビになりますよ。だいたいね、年末の時期というのは恋愛にはよくない月なんですよ。会社は忙しいし、せわしないから男女の出会いも実りにくい。だから、クリスマスは仲間の食事会などでつないでおいて、次にバレンタインがあるじゃないですか。統計的には、春が一番実りやすいという結果も出ているんです。とにかく強引な流れは避けた方がいいですね。



相手も一人なら、パートナーを見つけたいと思うでしょう。行けそうだと思ったら、誘ってもいいですしね。相手の出方を見ることも大切なんです」



――服装で気をつけることはありますか?



「会社帰りだったらもちろんスーツでいいですし、休日やる場合でも、30代・40代はスーツでいいでしょう。20代は周りに合わせるということを意識したいですね。浮いちゃうのが一番ダメです。



それと、高級なスーツを一着は持っていたいですね。ただ、服装に関しては、女性はそこまでうるさくなくなりました。女性だって安価な服を着ているでしょう?」



■イケメンはやっぱりモテる?



――男性は気になるところですが、やっぱりイケメンがモテるんでしょうか?



「うちの講座にはモテないイケメンが多いんです。男性が女性に声を掛ける場合、外見を見ますよね。『この子かわいいな』とか。女性はそれがまったくないです。すぐに決めてしまうことはないんです。



ということは、じっくり話をして時間をかけてはぐくんでいくということです。だから忘年会の席でも、まず話を聞くことですね。相談に乗ってもらいたいと思ってますよ。飛びぬけたイケメンは別ですが、男はやっぱり優しいのがモテますよ」



「セクハラ」という言葉を聞くようになって、どれくらいたつでしょうか。仕事帰りに食事に誘おうもんなら、騒がれてしまう時代になってしまいました。そう考えると「昔はよかったなぁ〜」と思うのは私だけでしょうか。



それにしても、いつの時代でもやさしい男性がモテるのは間違いなさそうですね。



取材協力:共同企画デタント 代表取締役 草加大介さん

最近の著書『口説きの技術』

http://www.daisuke-souka.net/



(OFFICE-SANGA Tetsu)