鶏むね肉でもサクッとジューシーな唐揚げができる!

写真拡大

みんな大好き、鶏の唐揚げ。

通常は鶏もも肉で作ることが多いが、今回は安価なむね肉で挑戦。

パサパサ、かたいといったイメージのある鶏むね肉だが、ちょっとした工夫でしっとりジューシーに仕上がる。

レシピ考案は人気ブロガーの筋肉料理人さんだ。

材料(4人分)鶏むね肉 600g / 塩 小さじ1/2 / 胡椒 小さじ1/4 / 卵 1個 / 片栗粉 大さじ8キャベツのせん切り、レモン、ミニトマト、マヨネーズ 適量A(醤油 大さじ1 / 白だし(市販) 大さじ1 / 日本酒 大さじ2 / 水 大さじ2 / おろし生姜・おろしにんにく 各小さじ1/2 / 片栗粉 大さじ2)つくり方鶏むね肉は皮を下にしてまな板に置き、ラップをかぶせて瓶の底で2/3の厚みになるまでたたく。

その後一口大に切ってビニール袋に入れ、塩と胡椒を加えてもみ込んでいく。

1にAを加え、口を縛ってしっかりともみ込み、下味を付ける。

室温で30分間なじませ(暑い時は冷蔵庫の野菜室で)、さらに卵を入れてもみ込む。

片栗粉大さじ6を加え、全体にいきわたらせる。

フライパンにサラダ油を深さ3cm程度になるまで入れ、175℃に加熱。

2をバットに広げ、片栗粉大さじ2をまぶしたら、1枚ずつ油の中に入れて揚げる。

途中、返しながら2分弱かけて揚げたら一度取り出す。

バットの上で5分休ませ、今度は180度の油で1分揚げてできあがり。

キャベツの千切りやレモン、マヨネーズ、プチトマトと一緒に盛り付ける。

「鶏むね肉は、加熱しすぎるとかたくなりますが、適度にたたいて伸ばし、下味調味料をもみ込むことで、しっとりジューシーになります。

揚げる時は、高温で二度揚げがおすすめ。

衣も2回に分けてつけると、サックリ食感になります」(筋肉料理人さん)。

筋肉料理人1963年6月生まれ。

佐賀県在住。

自営業のかたわら、居酒屋で料理人としても働く。

2009年からは佐賀県三養基郡みやき町保有の元民間保養施設で食文化コーディネーターとしても活躍。

趣味は料理、バイク、アウトドア、筋トレ、熱帯魚。

子供は中学生と小学生の2人。

日々料理を楽しみ、筋トレ、プチダイエットも継続中。

超人気レシピブログ「魚料理と簡単レシピ」も執筆。