心理学のプロが伝授! 浮気してしまいそうなときのたった1つの対処法

写真拡大

恋に浮気の悩みはつきものだが、浮気するのは相手とは限らない。

もし自分が浮気してしまいそうになったらどうしたらよいのか。

恋人の浮気対策を教えていただいた前回に続いて、「ゆうメンタルクリニック」総院長で、精神科医・心理研究家のゆうきゆうさんに聞いた。

あなたが浮気をしたいと思ったときの対策を。

実際に「浮気」とまでは行かなくても、「あ、あのコ、かわいい」「あの人、すてき」「いいなぁ〜」と思うことは、結婚や誰かとつきあっていたとしても、一度や二度はあるはずです。

こんなときに、「あぁっ! 今の相手とつきあってなかったら……!」と思ってしまう可能性だって、0だとは言えません。

それこそ、今までに述べたような理由で、多少の寂しさや不満などがあったら、それも手伝ってそういう気持ちになるのは自然です。

決して、自分を恥じる必要はありません。

さて、ここからどうするか。

そんなときは、「誘ってみること」です。

とにかく自分に恋人や相手がいることを忘れて、まずは誘ってみてください。

単に「食事をする」「褒める」「あいさつをする」などでも構いません。

何でもいいので、とにかく相手にアプローチすることが大切です。

その結果、まぁ大体において、「断られる」でしょう。

その場合は、結果オーライです。

イソップ物語で、有名な話に「すっぱいブドウ」というものがあります。

キツネが、「おいしそうなブドウ」を見つけました。

そして必死に手を伸ばしますが、高い位置にあるので、取ることができません。

そのため、最終的にあきらめて、「ふんっ! あんなすっぱそうなブドウなんて、いらないよ!」と言って去っていくのです。

これを心理学では「合理化」と言います。

これは異性でも同じ。

ハッキリ断られる。

アプローチしたけど、結果が出ない。

このときに、「それでも相手をスキ」「あんな理想的な人はいない」と思っていると、心に違和感が生じます。

そのために、「ヘッ! あんな冷たい相手、どうして好きだったんだか……」というように、気持ちが少しずつ冷めてくる可能性が高いのです。

人にとってもっともつらいのは、「行動すれば成功するかもしれないのに…」「やれば、できるかもしれないのに……」という気持ち。

それこそ、「宝くじを買ってみたいのに、買えない状態」です。

たいていこういう人は、「自分は当たるかもしれない」とばかり考えて、ジレンマを抱えています。

実際に買ってみれば、「そんなにすぐに当たらないモノ」ということが分かって、気持ちは確実に楽になるはずです。

とにかく迷うよりも行動です。

また、もし、すべてがうまく行ったとしたとして。

当然ですが、たとえ新しい相手と「つきあう」ことが可能になったとしても。

その恋愛が、必ずしもずっとずっとうまく行くとは限りません。

それこそ同じように、飽きたり、相手の反応がマンネリ化したりして、やはり同じように寂しくなってくる可能性もあるでしょう。

この場合も、やはり同じようにそのことに気がつけば、やはり長年親しんで、「合う」ということが分かっている、現在の相手に戻ることもあるでしょう。

この場合も、最終的に気持ちが穏やかになるはず。

「俺はこの相手のために、新しく好きな人ができてもガマンしているんだ」「新しい人が好きなのに……。

今の相手がいるから、告白できない……」なんて気持ちを抱えてモヤモヤしているより、よっぽど精神衛生上も、二人の関係にとってもいいことです。

まぁ、万が一新しい相手とつきあえて、さらにその後もずっとずっと幸せであるなら、もちろんそのときはそのときです。

決して別れや離婚を奨励するわけではありませんが、その際はそれも一つの考えかもしれません。



続きを読む