東京都・新宿駅徒歩3分の馬肉ビストロ「馬か正直」。ふたえ桜など希少部位も

写真拡大

馬肉ビストロの店「馬か正直」(バカショウジキ)が11月1日に新宿駅東口にオープンした。

運営は「鉄板鍋一蓮」などを手掛けるロータスクリエイツ。

主にカナダで仕入れた馬肉をスペインの小皿料理「タパス」で提供し、それに合うワインに力を入れているのが特徴だ。

タパスは、日替わりになるが、馬タンスモーク、スモークチーズ、魚肉ソーセージの熟成スモーク、燻製卵、いぶりがっこなどがメニューとなっており、いずれもワインとの相性を意識している。

また、ワインの方は、「クロード・ヴァル」(グラス600円 フルボトル1,880円)、「カンポ・アリーバ」(フルボトル2,480円)といったラインナップを約20種類、用意している。

さらに、メイン料理の看板は「桜鉄鍋すき焼き」(1人前1,380円)と「馬バラ肉のKETOBASHI鉄板焼」(980円)。

「桜鉄鍋すき焼き」は「だしとろろ&生玉子」をつけて食べ、「馬バラ肉のKETOBASHI鉄板焼」は「甘醤油だれ」と「塩だれ」で食べる。

他、通常のソーセージの倍以上の長さの「馬並みソーセージの鉄板グリル」(880円)、「熊本名物 馬すじ煮込み」(580円)などがメニューに揃う。

もちろん、馬刺しも取り扱っており「極上 馬刺し5種盛り合わせ」(2,480円)は、ハツ、上赤身、こうね(たてがみ)、ロース、ふたえ桜といった5つの部位が食べられる。

ちなみに、ふたえ桜は一頭からわずかしか取れない希少部位のこと。

また、飲み放題のコースも用意しており、3,500円、4,000円、4,500円の3種類から選べるようになっている。

●information 営業時間:月〜金 18:00〜23:30(L.O.22:30)/土・日 17:00〜23:30(L.O.22:30) 定休日 : 年中無休 席 数 : 30席(着席) アクセス:JR新宿駅 徒歩3分/地下鉄丸ノ内線新宿三丁目駅 徒歩1分