犬の平均寿命は13.3歳、猫の寿命は?-「アニコム家庭どうぶつ白書2012」発刊

写真拡大

ペット動物専門損害保険会社であるアニコム ホールディングスは、このほど、ペットの疾患統計をまとめた「アニコム家庭どうぶつ白書2012」を発刊し、WEBサイト「家庭どうぶつ白書」にて無料ダウンロードサービスを開始した。

白書によると、犬の平均寿命は男の子、女の子ともに13.3歳。

猫は男の子が13.3歳に対して、女の子は14.3歳だ。

白書では、犬の大きさ別、地域別に分類し、集計したものが掲載されている。

また、犬の保険金請求理由として最も多いのが外耳炎で、皮膚炎、膿皮症(のうひしょう)と続く。

猫の場合は、ぼうこう炎、結膜炎、外耳炎という順番だった。

アニコムグループでは、ペット保険の契約・保険金支払いの実績等をもとに、ペットの飼育状況や、病気・ケガの発生状況を分析した疾患統計データなど、ペットに関するさまざまなデータを提供している。

これにより、飼い主たちに疾患の傾向を知ってもらい、予防につなげることを目指している。

なお、今回同社が発刊した「アニコム家庭どうぶつ白書2012」の第1部は、犬・猫の飼育頭数、人気品種・名前ランキング、平均寿命、賠償責任事故発生状況など、この10年で急激に家族化が進んだペットについての現状を表すデータを掲載。

第2部では、動物病院における保険の普及率・夜間救急診療状況など、獣医療の提供状況について動物病院と飼い主の両面から分析したデータを発表している。

第3部においては、どうぶつ種別・品種別・年齢別・疾患別に分析した保険金支払い実績に基づくペットの疾患統計を掲載している。