2012年「今年の漢字」を大募集! 締め切り迫る - 日本漢字能力検定協会

写真拡大

財団法人 日本漢字能力検定協会は現在、2012年「今年の漢字」を募集している。

応募は12月5日に締め切りとなる。

応募された漢字は厳正に集計され、応募数最多となった漢字一字が12月12日に清水寺で発表されるという。

今年で18回目を迎える「今年の漢字」は、1年を振り返り世相を表す漢字一字を考えることで、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらいたいとの考えのもと、1995年から毎年実施されている。

今回も応募最多となった漢字一字は、京都・清水寺の舞台にて森清範(せいはん)貫主(かんす)の揮毫(きごう)により発表され、1年間の出来事を清めるとともに、新年が明るい年になるように願いを込めて奉納、翌日から年末まで一般公開となる。

応募方法は、はがき、漢検ホームページ、FAXに加え、京都・清水寺、京都タワー、東京タワー、名古屋テレビ塔をはじめ、書店、ホテルなど全国500カ所以上に設置されている「今年の漢字 応募箱」にて受け付ける。

締め切りは12月5日必着。

応募者の中から抽選で総計100名に、図書カードや漢検オリジナルグッズがプレゼントされる。

その他、詳しくは漢検ホームページで確認を。