東名高速で12種の足湯が楽しめる、「あしがら金太郎ラウンジ」オープン

写真拡大

中日本エクシスは運営する東名高速道路足柄サービスエリアの下り線に11月25日、「あしがら金太郎ラウンジ」をオープンする。

このほどオープンする同施設は、サービスエリアでは初の足湯ラウンジとなる。

日本各地の名湯やアロマ、薬湯などの足湯12種の他、フィッシュセラピーができる大型の足湯「ドクタートト湯」を設置。

ドライブの疲れを癒やせるマッサージチェアや和室の休憩処も用意している。

また、時間内なら自由にドリンクが飲めるフリードリンク(180円)も用意。

射的や輪投げ遊びができる「遊び処」や駄菓子・ご当地土産を販売する「たび屋」、ボディーケアや足つぼマッサージを受けられる「ほぐし処」もある(有料)。

営業時間は7時から19時まで。

利用料金は10分間100円。

11月25日〜29日までの期間はオープンを記念して、毎日先着50名にノベルティをプレゼントする。

また期間中は、利用料が通常10分100円のところ、30分間100円で楽しめる。

また12月初旬には、足湯につかりながら飲み物やデザートを楽しめる足湯カフェと、キッズラウンジもオープンする予定。