『HUNTER×HUNTER』声優陣の限定ユニットに、ゆずが初の”共作”楽曲を提供へ

写真拡大

2013年1月12日より全国公開予定のアニメーション映画『劇場版HUNTER×HUNTER〜緋色の幻影(ファントム・ルージュ)〜』の主題歌を歌う「ゆず」が、本作のメイン声優によるスペシャルユニットに新曲「流れ星☆キラリ」を提供することが22日、発表された。

このスペシャルユニットは『HUNTER×HUNTER』の主人公・ゴン役の潘めぐみ、ゴンの親友・キルア役の伊瀬茉莉也、そして劇場版でアニメ初登場となるキャラクター・レツ役の平野綾の3名から結成。

「ゆず」の2人が共作で他のアーティストへの楽曲提供はこれが初となる。

また、潘と伊瀬はこれまでにアニメキャラクターとしてのCDリリースはあったが、初の本人名義でのリリース作品が国民的アーティスト「ゆず」の書き下ろし曲となった。

本作の主題歌「REASON」では、ヒャダインこと前山田健一との三者共作でも大きな話題となった「ゆず」だが、今回は「ゴンとキルア、レツとの友情、旅のなかで成長していく姿を楽曲に込めた」と語るように、あらかじめ女性3人で歌われることを想定して楽曲のタイトルに通じる”キラキラとしたイメージ”で制作。

ゆず自身もコーラスで参加しているという。

2013年1月9日にリリースが予定されているシングル「REASON」は、初回限定盤、通常版、完全生産限定版「HUTER×HUNTER Ver」と3つバージョンがリリースされるが、新曲「流れ星☆キラリ」はこのうち「HUTER×HUNTER Ver」にのみ収録。

また、今回の発表と同時に、完全生産限定版「HUTER×HUNTER Ver」ジャケットデザインも公開され、「流れ星☆キラリ」を歌う3名がそれぞれ演じるキャラクター、ゴン、キルア、レツが夜空を見上げる、楽曲の世界観に基づいた書き下ろしイラストを使用している。