好きな日本の漫画を日本在住の外国人に聞いてみた!

写真拡大

海外でも高い評価されている日本の漫画。

その中でもどんな漫画が人気なのでしょうか。

日本に住む外国人20人に、好きな漫画とその理由も聞いてみました。

■「ドラえもん」・教育的にいい内容。

キャラクターは面白い(ベトナム/女性/20代前半)・のび太くんとの自然なコミュニーケーションが面白いから(インド/女性/30代後半)これぞ漫画の王道! 素朴でありながら夢の広がるドラえもん。

外国人にも人気なのですね。

先日、インドの街角でビニール袋に詰められた「ドラえもんもどき人形」を発見しました。

おなかには「Dore Men」の文字、目玉の真ん中も水中眼鏡のようにくっついてはいました……。

■「らんま1/2」・好きな漫画はいっぱいあるけど高橋留美子の「らんま1/2」が一番好きです。

キャラクターはよくできているし、設定は簡単だけどいつも笑いが取れますね(アメリカ/女性/20代後半)・子供の頃から読んでるから懐かしくて好きな漫画です(アルゼンチン/男性/20代後半)日本のギャグがアメリカでも通用するのですね。

アルゼンチンではらんま1/2の1冊の単行本を半分に分け、2冊として販売しているそうです。

らんま1/2の1/2ってことでしょうか?■「バガボンド」と「クレイモア」やはり一生懸命に生きようとする人の話が好きです(イタリア/男性/30代前半)日本の漫画は、ストーリーの完成度が高いことでも知られています。

バガボンドは日本でも大ヒットした漫画ですね。

作者は途中からペンを手放し、筆のみで作品を作り上げたといいます。

そのあたりも日本的ですてきですね。

■「無限の住人」素晴らしいダイナミックなアートがあって、古文を使うなど江戸時代を詳しく描写している(スペイン/男性/20代後半)この作品は「ネオ時代劇」と言われているそうです。

やはり外国にはない“サムライ”や“エド”のかっこよさが人気の秘訣(ひけつ)でしょうか。

■「ナルト」忍術があって、面白いからです(台湾/男性/20代後半)続いて、これまた外国人に人気の忍術も登場。

最近では日本的な題材や名前に漢字を使うなど、日本の古いものを取り入れた作品が増えているように感じます。

外国人には余計に受けるのではないでしょうか。

■「ゴルゴ13」デューク東郷は(母国でも人気のある)ジェームズ・ボンドをイメージさせる(オランダ/男性/30代前半)劇画の代表的存在ともいえるゴルゴ13。

確かに渋さはボンド並みかも。

まゆ毛の濃いボンド。

■「キャプテン翼」エジプトでも「キャプテンマーギッド」という名前で放映されていました。

私はサッカーについてよく知りませんが、面白かったです(エジプト/男性/40代後半)エジプトではタイトルも(だいぶ)変わっているのですね。

放映されていたのはうれしいですが、マーギッドって誰!?この他、「スラムダンク」「冬物語」「アンパンマン」「ふしぎ遊戯」「ROOKIES」「王様の仕立て屋」などが挙げられていました。

こんなにいろいろな漫画が世界に知られていたんですね。

以前、ドイツの片田舎の本屋で、ドイツ語版「ワンピース」が全巻そろっているのを見かけました。

すごい! と思い開いてみたら「ウオオオオ!」という擬音が「Jippie!」となっていました。

ちょっとパワーに欠けるような……(笑)。

逆に面白い発見でした。

近年では漫画を読んで日本に興味を持つ外国人も多いようです。

漫画は世界に誇る日本のカルチャー。

もっともっと広がってもらいたいですね。