自宅でできるスマホ時代の新スタイル!?無料デジタル教材を使った格安学習に挑戦!

写真拡大

小学校4〜6年生の男女を子に持つ父母計600名に行った調査(杏林大学 医学部 精神神経科 医学博士/教授 古賀良彦先生監修によるJINS調べ)によれば、約7割の子どもが何らかのデジタル機器を使用しているという。

その中の約7割が、小学校でパソコンを活用したICT(Information and Communication Technology)教育を行っていると回答した。

このように、教育にもデジタル機器を活用するシーンが増加している。

これに合わせて、WEBを活用した学習塾や英語教室も登場。

わざわざ通う必要がないので、送り迎えをする親の手間が省けるのはもちろん、通学コースよりも価格が低く設定されているものが多い。

例えば、一般的なキッズ向け英語教室に通うと、週1回のグループレッスンで毎月1万円前後かかるが、WEB講座ならマンツーマンでも1レッスンあたり500円前後。

個人指導を受けながら、1カ月あたり7,000円以上も教育費を削減できる。

これらをうまく活用すれば、家計の負担も軽くなりそう。

実際にはどのくらい節約できるのか、横須賀市に住む川越さんにシミュレーションしていただいた。

川越さんのお宅は、中学1年生の宗紀くん、小学4年生の美紀莉ちゃん、幼稚園生の由季乃ちゃんの3人きょうだい。

現在、宗紀くんは主要5教科を学べる通信講座を受講しているが、毎月5,000円ほどかかるという。

「子どもが3人いると、公立学校に通っていても、教材費や校外学習などの費用がかさみますね。

そのため、宗紀には塾よりも価格をおさえられる通信講座を選択しました」と、母・美由紀さん。

家庭教師や大手学習塾の場合、週に1回の授業でも、1万円以上の月謝がかかるという。

「美紀莉にもそろそろ通信講座をはじめさせようと思っていますが、飽きっぽい性格なので続けられるか心配です。

英会話なども習わせてあげたい気持ちはありますが、今後さらに教育費がかさみますので、できるだけおさえたいのが現状です」(母・美由紀さん)きょうだいの多い川越家の教育費を削減するには、どのようなコンテンツがおすすめなのか。

教育コンテンツにも詳しい、ITコンサルタントのエープラス・山本正樹氏にお話をうかがった。

「現在は無料の学習系アプリが増えています。

これをうまく活用すれば、教育費を節約できますよ」と山本氏。

特に英語をはじめとする外国語や、漢字や辞書などの国語系アプリが充実しているという。

スマートフォンやタブレット端末の特性をいかし、正確な発音をその場で確認できたり、外国の方と無料で通話ができるので、大人はもちろん、子どもの語学学習にも最適だそうだ。

「自宅での英語学習には、『NAVER英語辞書』がおすすめです。

収録単語数や例文も多く、発音も確認することができます。

また、操作もシンプルで使いやすいので、お子さまにも最適。

動作も軽くて実用的なアプリです」(山本氏)「漢字学習には、『漢字力診断 FREE』というアプリがおすすめ。

このアプリは、漢字の読み・書きを手書き入力で答える方式です。

問題数は全部で14,000問以上と多く、漢字力が正確に測れます。

解答状況で出題レベルが変動するので、楽しみながら漢字をマスターすることができます」(山本氏)電車やバス通学をしている場合、スマートフォンなどを持っている子どもも多い。

これらのアプリを使えば、移動中にも学習できるので、時間を有効に使うことができる。

また、小学生から必修化した英語学習も、WEBサービスを活用すれば無料で学習することができるという。

「『英会話イーオンのペラペラ』では、英単語学習やリスニング、スピーキングのトレーニングを無料で行うことができます。

無料でリスニングを強化できますし、教育コストをおさえられますね」(山本氏)さらに、「習い事もWEBを活用すれば無料になる」と山本氏。