宮城県仙台市が支援の光に包まれる、「SENDAI光のページェント」開催

写真拡大

宮城県仙台市で「2012SENDAI光のページェント」が開催される。

開催日時は12月7日(金)〜12月31日(月)。

点灯時間は17:30〜22:00(31日のみ23:00まで)。

イベントテーマは「Be Smile! 〜上を向いて歩こう〜」。

今回で27回を迎える「2012SENDAI光のページェント」は、「光の和、想いをひとつに!」というスローガンのもと、仙台市内の定禅寺通(東二番丁通〜市民会館前)のケヤキ並木をイルミネーションで飾り、各種催しを実施する。

イベントは7日(金)17:10から、せんだいメディアテーク前で行われる点灯式で幕を開け、並木のイルミネーションが一瞬だけ消灯し、再点灯する「スターライト・ウインク」、イルミネーションで輝く道を演出する「光の歩道」、サンタやトナカイに扮した市民や、マーチングバンドがパレードする「サンタの森の物語」などが開催される。

そのほか、約5,000球の電球に飾られた「ページェントカー」が定禅寺通を中心に走行。

さらに西公園ではSLが色とりどりのイルミネーションで飾られるなど、ケヤキ並木以外も見どころが豊富だ。

フード、ドリンクコーナーは、スタンディングバー形式の「ほっとスペース宮城」や、屋台が軒を並べる「出店ブース」で宮城の食材や軽食などを楽しむことができる。

昨年は東日本大震災によりすべての電球を失い開催を危ぶまれたが、全国各地からの支援で乗り越え、開催できた。

イベント詳細はSENDAI光のページェント ホームページで確認を。