滋賀県甲賀市信楽町の「全国狸の腹鼓大会」で奥田勉さんが3年連続優勝!

写真拡大

滋賀県甲賀市信楽町で11日に開催された「第三回全国狸の腹鼓(はらつづみ)大会」で、2連続優勝中の奥田勉さんが今年も優勝。

殿堂入りを果たした。

同イベントは、人間がタヌキになったかのように腹鼓を打って楽しみ、周りの人も化かされたかのように一緒になって腹を抱えて笑おうという、信楽狸の焼き物で広く知られる同町らしい催し。

悪天候をおしての開催となり、出場者は9名と昨年の3分の1に止まったが、200人の観衆が笑顔で盛り上げる中、それぞれがタヌキの衣装をまとって腹鼓の音色、音量、立派さ、ユニークさ、タヌキらしい品格などを競った。

3連覇の偉業をなし遂げ殿堂入りした、同町在住の奥田さんは、高らかな腹鼓の音を響かせて貫禄の優勝。

準優勝には島根県の野田さんが、仮装大賞には熊本県の黄檗(きはだ)さんがそれぞれ選ばれた。

次回から後進の指導役に回る奥田さんは、「三日三晩練習して来たかいがあった。

優勝しかない、もっか敵なしとの意気込みで大会に臨んだ。

出場者のパフォーマンスも大会ごとにレベルアップしてきていると肌で感じている。

今後も何らかの形で参加したい」と意気込みを語っていた。

同イベントの情報は「信楽町観光協会公式ページ」へ。